2013年11月26日

ぼんちゃん1才!

まぁなんと月日の経つのは早いもので、
先週でぼんちゃんをお迎えしてもう1年だって!

05

ぼんちゃん、お誕生日おめでとう〜!

01

いつの間にやらお鼻もぐちゃぐちゃになって(笑)、
もう立派なレディだね〜。

02

相変わらず ぽっちゃりボディ 小顔&グラマーでかわいいわぁ。
黒目がちの美形ちゃんだしね。

03

お転婆は、少し落ち着いてきたかな〜。
(太って小回りがきかなくなった、という説もあるけど・・・笑)

04

うちに来るお客さんが口々に、
「こんな高級そうな色のセキセイインコは見たことがない」
と褒めてくれます。お姉ちゃん、鼻高々よ。

よく食べ、よく遊び、よくみんなの邪魔をする、元気なぼんちゃん
これからもずっと一緒にお誕生日をお祝いしようね!


sazaramona at 01:30|PermalinkComments(3)Ramonaたちのお迎え | Wil子, いけぴょん, Bonzo, Artie & Magoos@セキセイ

2013年11月20日

グルグルグルグル♪

ハッちゃんが1日に10回ぐらい(いや、それ以上かな?)
止まり木から落下する「ズル、バサバサ、ドスーン」という音を聞いてて、
毎日不憫でならなかったのですが、
先日テレビを見ていたら、動物園(よこはまズーラシア)の飼育員さんが、

「年をとって足腰が弱ったドール(アカオオカミ)に、
グルコサミンとコンドロイチンを餌に混ぜて与えている」

と言っていたので、早速私も真似をしてみることにしました!

ズーラシアブログ「シンちゃんとメンちゃん」

で、近所のドラッグストアで買ってきたのがコレ。
1980円でした。もちろん人間用ですよ(笑)。

01

これを数粒ずつ乳鉢でゴリゴリスリスリ・・・。
この乳鉢と乳棒は本来、日本画用の画材なんですけどね〜、
この5、6年、全く正しく使われてない気がする〜(笑)。

02

こんな感じ ↓ で、ふりかけにして昨日から与えてみてます。
鳥用の適量がわからない上、どれだけ口に入るかもわからないので、
かけかたは、適当です。

03

ちょっと舐めてみたところ、酸味が感じられたので、
ハッちゃんナッちゃんが食べてくれるか心配でしたが、
あまり気にせずいつも通りにポリポリしていたので一安心。

鳥の足腰が弱くなる原因というのは、
腫瘍や関節炎、などなどなどなど、かなりたくさんあるようです。
横浜小鳥の病院「歩行異常」のページ参照

レントゲンなどで病気の特定は可能のようなのですが、
私は荒のハッちゃんに通院や投薬のストレスを与えてまで
積極的治療をする気はないので、
これからは「暮らしやすいケージ内のレイアウト」や
トンさんから小分けしてもらった「肝臓用ペレット」、
今回のグルコサミンのような「サプリメント」、
「保温」、そして「ナッちゃんとの穏やかな生活」・・・
こんなものでQOLを少しでも上げてあげて、
代替医療としてやりたいと思います。

せめてハッちゃんがテントに入って寝てくれれば
夜中に何度もひっくり返ってジタバタすることは
なくなると思うんですが、ハッちゃんって、
かたくなに「ベッド入らない派」なんですよね〜。
しかも片足で寝ようとするから落ちるんだっつーの。

だからって止まり木をなくすとこれまた落ち着かないようで、
あまり低いところにつけても不満そう。
ま、本人には「弱ってる」っていう自覚はないですからねぇ。
人間以外の動物は、皆自分が死に向かっているんだなんてこと、
全く考えてないですから。仕方ないです。

まーとりあえずこのグルコサミンとコンドロイチンで
しばらく様子を見てみます。
少しでも止まり木から落ちる頻度が下がってくれたらいいな。
頑張ろうね、ハッちゃん

動くさざ罫

最近、春ちゃんスーちゃんの仲がとても悪く、
毎日一触即発のムードです・・・。

05

数日に1回、取っ組み合いのケンカもします。
スーちゃん、体の大きい相手に全くひるみません。

ほっくん春ちゃんは、ただ、このファンヒーターの前の、
あたたかい部分にいたいだけのようなんですが(笑)、
そこ、いつもスーちゃんから丸見えで、
どうも気に食わないようなんですよね・・・。

06

ケンカでお互いの羽が散りまくることはありますが、
今のところ流血沙汰にはなっていないので、
あえて無理矢理仲裁したりはしていません。

うちの異種鳥たちの力関係のヒエラルキーは、
体の大きさとは全く比例してないようです(笑)。

まぁ、それでも、うちは放鳥が一部制で済んでいるので、
平和なほうなのかな〜。
ん〜、ほんとはもっと静かで楽しく放鳥したいんですけどね〜。
なんか、毎日BGMにウイリアム・テル序曲、みたいな(笑)。

・・・私(リーダー)の力不足なんでしょう、な。
精進します。


sazaramona at 01:00|PermalinkComments(7)Hotch & Nazz | 北斗 & 春香@ナナクサ

2013年11月14日

アリーちゃん顛末記

なんとなくアリーちゃんに元気がないな、と思ったのが4日の月曜日。
次の日もまだ調子が悪そうだったので、小さいHOEI 101角に移しました。
すると、体の不調よりも、「初めての一人暮らし」にパニクったようで、
なんだか精神的に落ち着かない感じに・・・。
(生まれてからうちに来るまでは兄弟と一緒、
うちに来てからはサザナミのヒナたちと一緒、
一人餌になってからはジョイ君と一緒、・・・で、
アリーちゃんは「一人暮らし」をした経験がないのです。)

「なんとなく調子が悪い」と言っても、
くしゃみが出てるとか膨らんでいるとか痛がってるとか、
具体的に悪い所があるわけでもないので保温ぐらいしかできないし、
獣医さんに連れて行ってもうまく説明できる自信もない。
なので結局毎日「様子見」、「様子見」・・・。
本人も寂しがって出てきたがるし、
毎日少しだけ放鳥も続けてました。

7日の木曜日の夕方に、忘れ物を取りに来られたいるかさんが、
「今なら車あるし、これから病院連れて行ってあげましょうか?」
と言ってくださったんですが、実はその日、
徹夜してでもやらなきゃいけない仕事が溜まってて、
「仕事が落ち着いたら後日行くし、いいですよ〜」
と断ってしまいました。

で、そのまま仕事しながら全員を放鳥したんですが、
その時撮った写真がコレ ↓ 。
私が仕事してるパソコンのモニターの上に止まっていた2羽。

26

今見ると、この写真、アリーちゃんの足は完全に開いていますね。
この時、実は立っているのも精一杯だったんだろうな・・・。

ジョイ君にカキカキされながら、だんだん目が閉じて
頭が下がってきたので、
「寝るんだったらヒーターの付いてるケージで寝なさいよ。」と
手を差し出したところ、
普段あまり体を触らせてくれないアリーちゃんが、
そのまま私の手のひらに身を委ねるようにコロ〜ンと倒れてきて、
片足が全く立たない、寝転んだ状態ですぅ〜っと目を閉じて昏睡状態に・・・。

ぎゃーーー!アリーちゃんが、死ぬーーー!#>@%$+&ーーー!

あーこれはもう仕事がどうこう言ってる場合じゃない!
今すぐ病院だー!今からタクシー飛ばして行けば間に合う!!!

あわてて「レンジでゆたぽん」をアツアツにしてキャリーをセット。
スッピンにジャージのままで(爆)、急いで家を出ました。

待合室では「このタオル開いたら死んでるかも・・・」と、
半分絶望で涙が出そうになるのを必死でこらえていました。

順番が来て名前を呼ばれ、
おそるおそる診察台にキャリーを出したところ・・・

17

あれまぁ、中で大暴れしているアリーちゃんが(笑)。

先生も「え〜と・・・どこが、どう、悪いんですかね?」みたいな。

「いや、さっきまで、瀕死の状態だったんです。
ウソじゃないんです。ホントのホントです・・・・。」

キャリーの中のUNPが緑色で数も少なかったので、
先生曰く、食べてなくてヘロヘロだったんでしょう、とのこと。
体重も、なんと24gしかありませんでした。
一応悪さしている菌がいないか、糞便検査しましょう、と、
UNPを見てくださいました。

「特に悪い菌は見当たりませんね。
食欲増進剤と、とりあえず元気が出るように抗生剤を混ぜた
飲み薬を処方しますので、それでしばらく様子見てください。
あとは、とにかく保温です。」

まぁ、思ってた通りのことを言われたというか、
広島ではどうせそれ以上の検査もできないし、
仕方ないか〜、と思いつつ、タクシーでスゴスゴ帰りました。

ちなみに今回の診察代は
再診料500円+糞便検査500円+内用薬720円+消費税で
1800円也、でした。

動くさざ罫

帰ってすぐお薬を飲ませてみたのですが、
あらまぁ!マメルリハのお薬の飲ませやすいこと!
くちばしが大きい上に、自ら噛み付いてくるので、
あの点眼容器の先がいい具合にハマるんですね〜。
おかげで、確実に飲ませることができました。

それから、やっぱりもっとガンガン保温したほうがいいかと、
キャリーに入れたままにしておくことにしました。
(キャリーの外側にヒーターを引っ掛けて、
それごとバスタオルで覆ってしまう方法)

寝かせていたら、夜中にポリポリ餌を食べる音が・・・。
食欲増進剤ってのが効いたみたいです。

動くさざ罫

次の日、外の仕事があったのですが、夕方帰ってきてみると、
新聞紙を敷いていたキャリーの中が、
「ものすごいこと」になっていました。

13

ど、どんだけ退屈だったの、アリーちゃん・・・。
っていうか、これじゃ、ちゃんとしたUNPが出てるか、
全く確認できないんですけど・・・(苦笑)。

結局、これはイカンということで、
最終的にはプラケにお引越ししてもらうことにしました。

「毎日入れ物が変わって、落ち着かないでチュピ〜。」

12

せっかく止まり木置いてあげてるのに、
側面の小さな温度計に忍者のようにしがみついて・・・(笑)。
あの私が見た「瀕死状態」は一体何だったのかしら〜。

動くさざ罫

それからプラケ生活+朝晩2回の投薬で、
少しずつ元気が戻ってきました。

02

やっと石油ファンヒーターも出したので
(やっぱりエアコンとは馬力が違いますね!)、
部屋を温めてからまた少しずつ放鳥もするようになりました。

会えないほどに、再会した時の喜びが倍増するのか、
昔は自分が掻いてもらってばっかりだったジョイ君が、
アリーちゃんに会えた嬉しさで、
ずっとカキカキご奉仕ししっぱなしです。

04

一日ずつ、ちょっとずつ、アリーちゃんも元気になってきました。

03

目ヂカラも、結構戻ってきたでしょう?

05

昨日の朝は、プラケを掃除する間、
ジョイ君のケージに入れていたんですが、
掃除終わって見てみると、アリーちゃんがビッショビショ!!!
私が見てない間に、派手な水浴びしてたんですね〜。
これも、元気になった証拠だね〜。

01

これから来る冬、ジョイ君アリーちゃんのケージだけ
ずっと30度に保温しておくわけにもいかないので
(経済的に、というより、私は四季を感じさせて
発情にメリハリをつけさせたいという飼育方針なので)、
少しずつ寒さにも慣れてもらおうと、
ヒヨコ電球を40Wから20Wに変更しました。
最終的には電球ナシにしたいところです。

今日でお薬もなくなったことだし、
20Wでも調子の悪さがぶり返す感じは見られなかったので、
今日の放鳥はみんなと同じ時間たっぷり遊ばせてあげました。

ジョイ君と元気に飛び回り、キラキラの笑顔を見せてくれましたよ!

04

毎朝毎晩ひっ捕まえてお薬飲ませたり、
嫌がるのを無理矢理プラケへ突っ込んだりしたので、
ちょっと私の手を警戒するようになってしまいましたが、
基本明るい子なので、しばらくしたら元に戻るでしょう。

とりあえずあと2、3日プラケ生活続けてもらうかな〜。
早くまたジョイ君と同居できるようになるといいね!

でもとりあえず、峠は越えたっぽいので、胸をなでおろしています。
あ〜、ほんとにびっくりした・・・。
アリーちゃん、このまま元気に初めての冬を越してくれますように〜!

(ツイッターなどでご心配おかけした皆様、
メッセージありがとうございました。
急に冷えましたからね、
皆さんのおうちの子たちも気をつけてくださいね!)


sazaramona at 01:00|PermalinkComments(5)Ramonaの健康 | Joey & Alison@マメルリハ

2013年11月12日

初孫誕生!

先週7日、関西のえるさんから嬉しいメールが届きました!

なんとなんと、えるさんちの萌さん(元12番)とせいちゃんの間に、
ヒナッピが誕生したそうです!!!

07

萌さんは、2010年にうちで生まれたダークグリーンの男の子。
せいちゃんは、一度うちに「婿入り」したものの女の子と判明し、
この春えるさんのおうちに改めて「嫁入り」をしたコバルトの子。

うわ〜、初孫だよ〜〜〜。
ブルマちゃんが「おばあちゃん」だよ〜〜〜〜〜(笑)。

「誰がおばあちゃんよ!ブルマブルマよ!」

01

ははは、相変わらず「仁王立ち」がキマってるね〜、ブルマちゃん
後ろ頭も相変わらずモフモフで・・・(笑)。

02

孫は、そういうところも似るのかな〜。
萌さんブルマちゃんの目ヂカラをそのまま受け継いでるから、
きっとかわいい子に育つだろうな〜。

昨日はまた少し成長した写真を送ってくださいました。

08

目に切れ込みが入りましたね!
一人っ子ちゃんだそうです。
あ〜、かわいい。かわいすぎて食べちゃいたいです(笑)。

ちなみにこのペアからは、
ノーマルグリーン、ダークグリーン、オリーブ、
ブルー、コバルト、モーブ、の何色でも出ます。
今回は黒目ちゃんだけなのでわかりませんでしたが、
もしかしたらルチノーとイノも出ます。

この子は何色になるのかな〜。
楽しみだな〜。
なんて嬉しいニュースだろ〜。
乳母、想像すると顔が緩んじゃいます。

この子がスクスク育ちますように!


sazaramona at 01:00|PermalinkComments(0)巣引き '10春 | 冨士夫 & ブルマ

2013年11月10日

うるる君が来たよ!

この夏、同じ市内に住むNarumiさんという方から
「今里親募集中のヒナはいませんか?」と
お問い合わせをいただいたんですが、
もうその時にはうちにヒナはいなかったので、
近県のよそのブリーダーさんを紹介したんですね。

で、めでたくスパングルモーブの子をお迎えされたんですが、
その後もNarumiさんとはメールやFacebookで交流が続きまして、
今回、一緒にうちへ遊びに来てくださることになりました。

うるる君、初めまして〜。

07

まぁなんと小さい!
超ミニミニサイズのサザナミちゃんです(45gだって!)。
これまたうちにはいないタイプのお顔。
かわいいかわいい、かわいいな〜。

うるる君はと〜ってもおとなしくてマイペース。
ニギコロも上手です。

08

早速アーちゃんが(餌欲しさに)近寄ってきました。

09

アーちゃんが馴れ馴れし過ぎるので、うるる君、若干引いてます…。

10

のびのびになってたうるる君の爪を
切ってあげるよ〜っていうのが今日のメインの目的だったんですが、
なるべく次まで切る時間が長いほうがいいだろうと
短めに切っていましたら、思いっきり出血させてしまいました
Narumiさん、うるる君、ごめんなさい〜〜〜。

もちろんらもちゃんは「また誰か来た ┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ(呆)」モード。
うるる君と近づくのは、この距離が限界でした。

11

Narumiさんとは、りんごを手からもらって
ちょっぴり交流できましたけどね!(らもちゃんにしては上出来・笑)

ワタシ的には久しぶりにモーブの子を見ることができて、
幸せ気分を味わうことができました。
Narumiさん、うるる君、来てくれてありがと〜。
ぜひまた遊びましょう〜!


sazaramona at 01:00|PermalinkComments(2)Ramonaのお友達 

2013年11月07日

セキセイオフ!

数週間前、ドイツのとりきち横丁さんで
トンさん、yokoさんいるかさんと共同購入をしました。
先日商品が届いたので、
これまた先日届いていたインコアイスの試食会も兼ねて、
みんなで集まろー!ということになりました。

まずは先に来たyokoさん、いるかさんと腹ごしらえ…というわけで、
うわさの「珈琲伝説(庚午店)」に行ってきました。

29

この「珈琲伝説」、ななな、なんと、
「パスタ+ピザ食べ放題+サラダバー+ドリンクバー」が
昼も夜も1200円で食べられるという、すごいお店なのです。

15

いや〜、食べた食べた。食べまくりました。
今度は二日間ぐらい絶食して、夜に行こう(笑)。

動くさざ罫

2時にうちへ戻り、仕事帰りのトンさんが合流。
yokoさんが連れてきたカイちゃんそらちゃん
いるかさんが連れてきたチヨちゃんも、放鳥しました。
左から、チヨちゃんカイちゃんそらちゃん
久しぶりのうちんちで、ちょっと緊張してるかな?

24

チヨちゃん!久しぶり!僕アーちゃんだよ!覚えてる?」
「もちろん覚えてるけど…君…相変わらずテンション高いね…

18

「お姉ちゃんたち『インコアイス』っていうの食べるんだって!
  それってインコ用アイスっていう意味かな?」
「まさかインコが入ってるんじゃ・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」

20

「毒見、毒見っと。ペロッ!あ!おいしい!」

19

もちろん、人の食べてる物にチョー目ざといほっくんも、
yokoさんの肩からちょーだいちょーだいと催促しに来ましたよ。

21

あっさりしたバニラに、ナッツなどがプツプツ入っていて、
とっても美味でございました〜!
とりみカフェさん、ごちそうさま〜P3d

28

 ( ↑ 通販は、コチラから!)

動くさざ罫

ここで、残念ながら用事の入っていたいるかさんがお帰りに…。
今度はトンさんとyokoさんと3人で、
千田町の和菓子屋さん、「天光堂」へ出向きました〜!

天光堂のあさのさんは、
うちにも何度か遊びに来てくださったことがあるんですが、
オカメ・ジャンボセキセイ・羽衣セキセイを
飼ってらっしゃる、大のインコ好き!
この度あのインコアイスとどら焼きをコラボさせて、
「インコどら」を企画・発売されることになったそうです!
(もちろん通販もされるそうですよ〜!)

インコどら発売に先駆け(というか、まだ開発途中らしい・笑)、
店内に鳥グッズコーナーを設けてらっしゃいました。

14

老舗の和菓子屋さんに鳥グッズコーナー・・・(笑)。
シュールでしたが、なんだかほのぼのしてしまいましたよ。

お菓子で作ったカープ坊やと前田様も飾ってありました!

16

yokoさんもトンさんも、車に貼る
「インコが乗ってますステッカー」をお買い上げ〜。

27

あさのさん、またインコどら発売になったら行きますね!
楽しみにしてま〜す!

動くさざ罫

そしてまたちょっと放鳥しながら鳥バナタイム。

25

左、そらちゃん。右、ぼんちゃん
体型の違いがわかりますでしょうか・・・・・
体重はそんなに変わらないんですけどね〜。
なんでぼんちゃんだけそんなに巨乳になっちゃったんですかね〜(飼い主に似ず・・・悔)。

そらちゃん
ぼんちゃんは同腹の姉妹なんですが、
本人たちはもうすっかりお互いのこと忘れてるみたいです。
そらちゃんは、やっぱり一緒に暮らしてるカイちゃん
行動を共にしていました。

22

この日、来られた皆さんが元気のないアリーちゃんを見て、
アリーちゃん、調子悪そうだね〜」と言っておられまして、
やっぱり誰が見ても明らかにそうなんだ〜、ヤバイな〜・・・と思ってたんですが、
いかんせん仕事が立て込んでて、病院はまた時間のある時に、と思ってました。
・・・が、
実は皆さんが帰られた後、アリーちゃん急変。
閉まる時間ギリギリに半べそで病院駆け込んだんですが、
その顛末は、また別記します。


sazaramona at 01:00|PermalinkComments(0)Ramonaのお友達 | Ramonaのお出かけ

2013年11月04日

アリー、大丈夫?!

朝、みんなのケージのカバーを外し、
餌と水を入れ替えていたところ、
アリーちゃんの様子がおかしいことに気づきました。

03

あのいつも元気満々のアリーちゃんが、
しょんぼりして、じーっと動かない・・・。
声をかけても、しゅんとしたまんまです。

ピントが合ってなくて昨日ボツにした写真ですが、
昨日の放鳥では全く問題ありませんでした。

09

とりあえず、すぐ滋養強壮になりそうなエッグフードを与えてみることに。
ジョイ君も心配そうに見ています。

04

エッグフードやオーツ麦を、素直にチミチミと手から食べてくれました。
ん〜、UNPも普通に出ているし、どうしたんだろ・・・。

あいにく祝日で行きつけの獣医さんはお休み。
とりあえず保温するしかないと思い、40Wのヒーターを付けて、
ビニールシートでケージを覆いました。

05

正午から少しずつ元気が出てきたようで、
自力でご飯を食べているところを確認することができました。

06

夕方にはまたもう少し元気が戻り、目ヂカラも出てきたような・・・?

07

今夜はしっかり保温して、様子見ですね。
でもアリーちゃん、一体どうしたんでしょう。
明日の朝は元気になってくれているといいんですが・・・。

動くさざ罫

そういえば、10月25日は
しーちゃんがうちに来て5周年!だったのでした。

sheena

はるばるベルギーから海を渡ってうちへ来て、もう5年かぁ〜。
あっという間だったな〜。

01

ガルちゃんに代わり、年下のウルルンがパートナーになって2年半。
毎晩一緒にテントでムギュムギュ、仲良く寝ています。

02

しーちゃんもお姉ちゃんと同じく、人生(鳥生)折り返し地点じゃね。
でもこれからもずっと、おちゃめなかわいいしーちゃんでいてほしい!
来年もかわいい赤ちゃん、いっぱい見せてね〜

動くさざ罫

蛇足ですが

らもちゃんの朝イチのUNPがとてもご立派だったので、
思わず写真に撮ってしまいました・・・。

08

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、の反対で、
らもちゃんかわいけりゃUNPまでかわいい、ので、
ありがたく素手で受け止めさせていただきました(笑)。

サザナミって、寝てる間にUNPしないんですよね。
(セキセイやマメは寝てる間もちょいちょいしているようです)
テントが汚れないからいいんですけど、
それも野生としてどうかなぁと思うのです(苦笑)。
ほんとに野生のサザナミっているのかな〜
サザナミを知れば知るほど、疑惑が募ります・・・。


sazaramona at 01:00|PermalinkComments(7)Joey & Alison@マメルリハ | Ramonaたちのお迎え

2013年11月03日

手抜きのススメ?!

あらま、10日もブログおさぼりしてました。
その間変わったことと言えば・・・

いけぴょんのめちゃくちゃ激しい換羽が始まり、
それと共にお鼻の青色が少しずつ戻ってきたことです。

01

「左側だけ治ってきたでゴンゴン。」

02

ん〜、治ったら治ったで、疑問が残るな〜。
今後、換羽の度にこうなっちゃうのかな〜。それも心配だな〜。
また、先生に相談してみなきゃな〜。。。

動くさざ罫

その他のみんなは元気、元気です。

らもちゃんは相変わらずべったりんこ。
iPhoneが新しくなり、インカメラが付いたので、
ツーショットが撮りやすくなりました。

03

チューした時のらもちゃんの鼻の頭のにおいは、格別(な臭さ)です。

04

4月から、外に出る仕事が増えて、
週に1、2日、放鳥できない日ができてしまいましたが、
そのせいでらもちゃんは余計甘えん坊さんになったような気がします。

以前、完璧主義で育児(育鳥?)ノイローゼ気味だったみみすけさんに、
「放鳥しない日って、あるの?!」とびっくりされたことがありますが、
私はいい加減なカイヌシなので、出さない日、結構あります…

さすがに2日連続で出さないと、ほっくんがキレて叫んでたり、
ジョイ君アリーちゃんが出す時少しよそよそしかったりしますが、
帰宅が19時を過ぎる場合は、もう出さないことに決めています。

考えてみれば、アーちゃんマグちゃんは、
シェルターに捨てられてから数ヶ月間出してもらえなかったのに、
全然手乗り崩れてませんでしたからね〜。
(さすがに半年以上出してもらえなかったポッちゃんは、
手には乗らなくなって半分荒鳥状態でしたが・・・)

「マニュアル通りにきちんと飼う」のも実際は難しいと思います。
あんまり放鳥を「義務!」と思い込んで無理をしないことですね。
みみすけさんも最近は緩急付けて、上手に息抜きしてるみたいです。
出せない日はごめんね〜と声をかけながらカバーをかけてあげて、
出せる日は思いっっっきり遊んであげればいいと思います。

「手抜きのススメ」というわけではありませんが、
私みたいなカイヌシもいるということで・・・。

「でも、他の子は出さなくても、らもちゃんだけは出してほしいな〜。」

05

カメラ(の向こうの皆さん)に訴えてもダメですよ、らもちゃん(笑)。
それでなくても結構らもちゃんは、特別扱いしてるんだからね〜〜〜!


sazaramona at 01:00|PermalinkComments(2)Wil子, いけぴょん, Bonzo, Artie & Magoos@セキセイ | Ramonaの生態

2013年10月24日

動物病院へ

今日はお昼の仕事がなく、正午までに間に合いそうだったので、
いけぴょんを比治山のパル動物病院へ連れて行ってきました。

01

奥は、ついでに連れてきたぼんちゃん
ちょうど生後1年になったので、定期検診です。

いけぴょんぼんちゃんも体重は45g。
引き続きダイエットを続けてください、と言われました(苦笑)。
2羽ともフンの検査では何も問題なし。
問題は、いけぴょんのろうまくの色の変化です。

先生的には「ホルモンのサイクルで自然と治まる場合もあるから、
あと2ヶ月ぐらい様子見ですかね〜。」だそうです。
なので、今日は特に治療やお薬はナシ。

精巣腫瘍の場合だと、メス化(抱卵の真似など)をしたり、
足腰が弱ってきたりするそうなので、
まだそうだとは断定できない、と言われました。

かと言って、精巣腫瘍がわかったところで、
現在の医学では免疫療法(アガリクス飲ませたりとか)ぐらいしか
対処法はないそうで、どうしようもないんだけど…とのこと。

どうしようもないと言われたら、それ以上何も聞けなくて、
「あぁ、そうですか…」とだけ答えてスゴスゴ帰ってきました。

ちなみに今日のお代は
再診 500円✕2羽=1000円
糞便検査 500円✕2羽=1000円
小計2000円+消費税100円 で、合計 2100円 でした。

動くさざ罫

本やネットの情報によると、
ホルモン調整剤である程度のコントロールはできるようですが、
先生の言う「2ヶ月後」の再診の時に、
もう一度それを先生に相談してみようと思います。

まぁ、年齢的に、仕方ないのかもしれませんが。
本人(本鳥)は至って元気です。

02


sazaramona at 01:00|PermalinkComments(2)Ramonaの健康 | Wil子, いけぴょん, Bonzo, Artie & Magoos@セキセイ

2013年10月21日

移動大作戦!

いるかさんから大事な3羽をお預かりしておきながら、
実は私も1泊2日で家をあける予定が入っていまして…

19日早朝、全員に餌を多めに入れて出発し、
翌日20日の夕方に帰宅次第、いるかさんに連絡して
3羽を引き取りに来てもらえばいいか、と考えていました。

が、その19日の朝、実は少し寝坊をしてしまい(バカバカバカ!)、
アタフタドタバタ騒いでる最中に・・・

ひええ、どうしよ〜〜〜!!!
フクちゃんの人生初の卵を発見してしまったよ〜〜〜!!!

01

お、おめでたいんだけど、タ、タイミングが・・・(苦笑)。
まさかこんなに早いとは思わなかったので、動揺してしまいました。
出発予定時刻を過ぎていましたが、とりあえずいるかさんに写メ。
申し訳ないけどこのままにして出ます、と伝えました。

1個目をこれだけ難なくポロリと産めたんだから、
多分卵詰まりなどの緊急事態は起きないだろうと判断し、
とりあえず暖房だけつけっぱなしにして、家を出ました。

動くさざ罫

で、心配しながら20日の夜、アタフタと山口より帰宅。
他のみんなは元気なのが確認できたのですが、
フクちゃんは完全に抱卵モードのようで、
巣箱から出て挨拶もしてくれません(笑)。
まぁ、どうするにしろ、チヨちゃんだけはとりあえず今夜
連れて帰ってもらおうということになり、
いるかさんを呼んで、緊急会議となりました。

★私の意見
もし今から巣箱を覗いてみて、卵が2個に増えていたなら、
もうこのままうちにヒナを巣上げするまで置いといたほうが
コトちゃんフクちゃんのためにはいいんじゃないかな〜?
せっかく2羽が真剣に盛り上がってるんだし、
うちでもセキセイの巣引き、見てみたいし(笑)、
何しろ、本気モードに入った2羽を今移動させるのは、
リスクが大きいし、かわいそう。

★いるかさんの意見
2羽が初めて本気モードに入ったのは嬉しいけど、
やっぱり預けっぱなしは申し訳ない。。。
もしフクちゃんが途中で卵詰まりなどを起こして
命を落とした、なんてことになったら、
Ramonaさんも責任感じるだろうし、
私も看取れなかったことを後悔するだろうし、
その後の私達の関係が変わってしまうのは嫌・・・。
もし移動させたことや環境が変わったことで
今回の巣引きが突然パーになってしまったとしても、
それは仕方ないと思うことにして、
やっぱりいつかどこかのタイミングで
2羽は連れて帰らなきゃいけないと思う。

などなど、色々話しながら、巣箱を覗いて見たところ・・・

BlogPaint

はい、フクちゃん、しっっっかり卵2個、温めてました〜(笑)。
私のいなかった夜、一人静かに頑張ってたんでしょうね。
いやぁ、よかったよ、安産で・・・。

それからまた巣箱を閉じて、話し合い。

よし!コトちゃんフクちゃんをこのケージから素早く拉致し、
目隠ししてる間にササッといるかさんちへ移動!
「全く同じ巣箱の入った全く同じ状態のケージ」をすぐに
いるかさんちの一番静かな部屋でセットしてもらい、
すぐさま2羽をパパっと戻す。
それから朝までカバーをかけ、真っ暗な状態にしておいて、
朝が来たら

「あれ?いつの間にかこのケージ、ワープした?」
いるかさん「ううん、気のせいだよ〜?
「そっか〜、気のせいか〜。じゃあ続きしよ〜っと。」

と「だます作戦」でいこう!と決めました(笑)!

5,6個産み切った状態で移動させるより、
まだ多少常温で放置してても大丈夫な2個の今のほうが、
リスクを最小限に抑えられるはず!

どうにかフクちゃんを巣箱の外へおびき出すことに成功、
2羽を真っ暗にカバーしたケージへ移しました。

「時間との戦い」へのプレッシャーに、
どう見ても焦りまくりの動揺しまくりで挙動不審ないるかさん(笑)、
アワアワアワアワしながら運転して帰られました〜

動くさざ罫

その数十分後、「ケージに戻したら、何事もなかったように、
そそくさと巣箱に入っていきましたヨ♪」というメールが届きました。
うーん、セキセイの環境適応能力、さすがだ!!!
フクちゃん、君は大物だよっ!

「だって、大事な大事な初めての卵でしゅもん

BlogPaint

「僕たちの愛は、環境の変化なんかじゃ揺るがないんでしゅ

BlogPaint

これでまた明日(22日)の朝、もいっこ増えてたら、
もう手放しで大丈夫!ですね。最後まで産み切ると思います。

コトちゃんフクちゃん、お騒がせしたね。
でもこれからは二人っきり、静かな場所で集中できると思うよ。
いるかさんと3人4脚頑張ってね!
ちょっとだけ、期待してるよ〜〜〜!

動くさざ罫

んでもって、我が家の手乗り軍団ですが。

ほっくん春ちゃん:大きく複雑なおもちゃを
新品の状態で入れていっていたのに、
たったの一晩で跡形もなくなくなっていた・・・。
相当二日間、ヒマしてたんだね〜

08

ジョイ君アリーちゃん:かじり木コーン1本消失。
かじり過ぎて、いつもの寝る場所がなかったみたい(笑)。
入れていたペレットは、粉までキレ〜になめ尽くしてありました。

スーちゃん
「もうスーちゃんを置いて行っちゃダメでチュピよ。」

02

らもちゃん
放鳥中ずーっとべったりんこのあまあまモード。

03

らもちゃんね、餌も食べずに待っとったんよ。」

04

そうなんです、らもちゃんは、私のいる空間でしか
ご飯を食べない困った子なのです・・・。

セキセイたちは、逆に餓えで大騒ぎになっていました。
セキセイって、入れたら入れただけ食べるので、
無計画に1日目で食べ尽くしていたのでしょう。

1泊以上の外出はもう無理かな〜(苦笑)。
いや、でも、誰も何もなくてよかった!!!


sazaramona at 01:00|PermalinkComments(4)Ramonaのお友達 | Ramonaのお出かけ