2010年12月14日

コンパニオンバード14号

01

先日、広島にもMARUZENとジュンク堂が合体した
大〜きな本屋さんができたので、
コンパニオンバード誌#14を買ってきました。
高いのでいつも購入を躊躇するんですが、
セキセイの特集だったのでついつい。。。

しかし「パステルカラーレインボー・コバルト(オパーリン・
イエローフェイス・コバルト・ダイリュート)」って?!?!
色の種類にはもう、ついていけませーん。

もしいつか次にセキセイをお迎えするとしたら(しないけど…)、
初めて買った子と同じ、ノーマルのブルーがいいな〜。

BlogPaint

この子、確か名前は「ピッチ」だったかな〜。
幼稚園の頃からずっと小鳥はいましたが、
セキセイはこの子だけだったんですよ。
実は私、一途に白文鳥だけをずーっと飼い続けていた、
純フィンチ派だったのです。

そして1997年、最後の白文鳥「菊ちゃん」が亡くなって、
次の子を飼おうと2000円を財布に入れて小鳥屋へ行き、
文鳥やセキセイのヒナと一緒にどどーんと入れられていた、
巨大なナナクサインコのヒナに胸を打ち抜かれてしまう。。。
ズキューン。運命の、出会い。。。

「お、おっちゃん!このすごいの、何?!ほんで、いくら?!」
「それ?ナナクサ。2万円よ。」

ぐげげっ、予算の10倍ではないか!
しかし、この極彩色が目に焼き付いて、離れない。
この子の美しく成長した姿が見たい。
他の人にこの子を絶対に渡したくない。。。
短時間でグルグル考え、口から出たのはこの言葉でした。

「おっちゃん、明日2万持ってくるけん…。予約お願い…。」

次の日、改めてそのナナクサのヒナを迎えに行き、
ちんさんと名付け、そこから私の本格的インコ生活がスタートしました。

02

目に入れても痛くないほど、生活の90%を捧げていたと言っても
過言ではないほど、とにかく溺愛して育てました。

が、2年目の冬の寒い日、、、
ちんさんは私の手のひらで静かに息を引き取りました。
当時はインターネットで探せるほどの情報もなく、
鳥を診てくれる病院も知らず、私も勉強不足で、
こんな珍しい鳥を飼うには難しすぎる環境でした。

それからいつかまた鳥が飼いたいなぁと思ったまま、
天敵フェレットを6年間飼うことになったり、
事業を立ち上げ仕事が激忙になったり、
その会社では大型犬を飼ってたりなんかして、
鳥生活とは10年ぐらい、ご無沙汰になっていました。

3年前、色々あって事情が変わり、
また鳥を飼ってみようという気になりました。
そして出会ったのがらもちゃんです。

それからこんなに大所帯になるとは思ってもみませんでしたが、
まぁここまできたら、サザナミに人生捧げてみてもええかなぁと。

いつかまた犬は飼うと思いますが、
当面今の生活環境ではサザたちで精一杯ですねー。

いや、やっぱりもう一羽ぐらいセキセイいてもいいなー(爆)。
今回のコンパニオンバード誌は毒ですね(笑)!!!
セキセイ、やっぱりかわいいわぁ〜!

sazaramona at 01:01│Comments(23)Ramonaの持ち物 | Ramonaたちのお迎え

この記事へのコメント

1. Posted by 鸚哥   2010年12月15日 02:58
色の種類にはついていけないだと?
誰がついてこいと言ったんだ?
上っ面だけのエセブリーダーが調子にこいてんじゃないわよ。
少しは謙虚になればどうなの?精神疾患まるだしの記事は見ていて若干の恐怖を覚えるwww
まるでインコが話してるみたいな記事の展開は滑稽を通り越して寒い。
2. Posted by ひろりん   2010年12月15日 08:29
Ramonaさん、幼稚園の頃から鳥ちゃんを飼ってたんですね!
私もです〜^^
ナナクサインコちゃんは珍しいので当時は情報が
ほとんどなかったでしょうね。
サザもここ最近になってやっと普及してきた感じですもんね。
もう1羽増えてもあまり変わらないと思うからお迎えしちゃえ(*´艸`)

鸚哥さんへ
Ramonaさんがエセブリーダー?
愛鳥家だと思いますが。
コメント読ませてもらいましたが気分が悪いです。
記事に対して恐怖を覚えたり寒いと感じられるなら
見に来なければいいのです。
鸚哥さんはブログを書かれてますか?
私はあなたに興味があります^^
3. Posted by みかあゆ   2010年12月15日 09:39
Ramonaさん、こんにちわ!
コンパニオンバード私も買いましたよ♪
いつも買ってから、いらなかったかな・・・って
思うんですけど(笑)今回は読みごたえありましたよね。

Ramonaさんも文鳥飼いさんだったのですね!
私も一緒で〜す(^^♪
子供の頃はずっと文鳥さんと生活してました。
結婚して独立して、何か生き物と暮らしたい〜と思ってやっぱり鳥さんでした(笑)
オカメインコを探していたらRamonaさんやくるみママさんのブログに行きついて(笑)
だから今私が鈴&夢と楽しく生活しているのはRamonaさんやらもちゃんのおかげです♪

私は最近ブログおさぼり気味だけど(~_~;)
Ramonaさんの記事&Ramona家の鳥さん達にいつも癒されてます。
これからも楽しく情報交換しましょうね〜


4. Posted by まぁこ   2010年12月15日 10:26
コンパニオンバード創刊からずっと買い続けてます(爆)
創刊当時は鳥雑誌なんてはじめてじゃないっ!!
ってわくわくしながら購入して
当時一番メジャーだと思っていたセキセイ(今もメジャーですが)が
ほとんど登場してなくてがっかりした思い出が・・
14号にしてやっと表紙をかざり特集が組まれたんですねぇ(しみじみ)
しかし発売される頃には私はセキセイ飼やめちゃったしねぇ。

私も母親がなんやかんやいいながらも鳥飼ってたので
物心ついたときからずっと鳥はいましたねぇ
セキセイとキンカと文鳥さんと暮らしてましたよ
文長さんは手乗りだったけど、他の子はみんな荒だったので
あまり触れ合った記憶はありませんが^^;

猫好きだったので鳥さんと暮らすなんて考えてもなかったのですがねぇ
今は完全に私の人生の一部と化してます。小さいのにすごい存在ですね♪
5. Posted by Ramona   2010年12月15日 10:33
鸚哥さま
荒らしって、子供の世界の話だと思ってましたよ〜(笑)。鸚哥さん、寂しいの???

私にこうやってアドバイスを下さる鸚哥さんは、さぞかし謙虚で、精神疾患なんてなく、上っ面だけじゃない経験豊富な素晴らしいブリーダーさんなんでしょうねぇ。

夜の3時にこんな書き込みしてるヒマがあれば、うちなんかよりもっと有益な情報を探すのに時間を費やされたほうがよろしいかと存じます。

はい、さようなら〜。

ひろりんさま
ひろりんさん、ありがと〜。

私が初めて飼ったのは、白文鳥のピッピとチッチでした。挿し餌から育てて、とてもよく懐きましたよ。
今でも衝動的にフィンチがほしくなっちゃ…(以下自粛)。

ナナクサのちんさんが教えてくれたことがたくさんあります。
ちんさんの事を思うたび、らもちゃんたちのお世話を頑張らねばと、気が引き締まります。
お互い鳥さんとの生活を、これからもいっぱい楽しみましょうね〜!
6. Posted by Ramona   2010年12月15日 10:46
みかあゆさま
わーい、みかあゆさん、ちょっぴりお久しぶりでーす!

こんなブログでみかあゆさんのように癒されてくださる方もいれば、腹の立つ人もいるようで(苦笑)、結局どう書いてもいろんな取り方されちゃうんだから、これからもマイペースでやっていこうと思います。

コンパニオンバード誌、以前は海外の文献を訳した記事のほうが多いような感じでしたが、最近は独自の記事が増えてきて、読みやすくなった印象ですね。
私も今回は買ってよかったな、と思いました。

みかあゆさんも文鳥飼いさんだったとは!
文鳥もほんとにかわいいですよね。
それが今ではお互いサザナミインコ飼い。しかも、夢ちゃんとブルマちゃんは兄弟ですもんねー!
これからもお互いお世話頑張っていきましょう!

まぁこさま
えー!創刊号から持ってらっしゃるんですかー!すごい!
創刊号、私病院の待合室でしか見たことないですよー!

そういえばまぁこさんのご実家には烏骨鶏がいますよね。
一軒家になれば、ニワトリやウズラも飼いたいなぁ。。。(遠い夢)

まぁこさんネコ好きだったんですねー。
ぴーちゃんの存在はまぁこさんの人生をガラリと変えちゃいましたね。
ほんとに小さいのにすごい存在だー!
7. Posted by gara   2010年12月15日 11:52
わけ分からないですよね…鳥さんの色…。
昔セキセイといえばノーマル・グリーンとブルー、
ルチノーと黄色と緑のパイドくらいしか居なかったような…。
オカメちゃんもすごい微妙な色がいっぱいだし(;^_^A。

うちにもノーマル・ブルーの可愛い子がいました!
セキセイを何羽か飼ったことがあるんですが、
ノーマル・ブルーの子がいちばん印象に残ってます。
だからもしセキセイを飼うなら
私もノーマル・ブルーがいいなぁと思ってます!
(飼わないけどw)

私もRamonaさんや他の方のブログを通じてサザナミの魅力に目覚めたひとりです。
これからも更新楽しみにしてます〜^^。
8. Posted by はぎちゃん   2010年12月15日 17:16
うんうん、セキセイはカワイイ〜
今でもふと、昔可愛がってたくりこのことを思い出したりします。

ところでRamonaさん家、ご両親のお顔を拝見するとと〜ってもお上品で、
そこからなんでRamonaさんみたいな荒ができたんやろ?
って、少女時代の写真を見ながら思いましたです、はい
9. Posted by Ramona   2010年12月15日 18:19
garaさま
昔はあんなにいたのに、最近めっきりノーマルやノーマルブルーの縞々セキセイインコを見なくなりましたよねー!
いないとなると、ほしくなる(笑)!
いや、飼わないけど(爆)!

私もらもちゃん飼うまでサザナミインコって知らなかったんですよ。
ちんさんに会うまでナナクサインコも知らなかったし、ちんさんに会わなかったら今でもきっと白文鳥一筋だったと思います。
そしたらこのブログもやってなかったし・・・縁ってほんとに不思議ですね!

はぎちゃんさま
そうなんですよ、うちの家系は自称「落ちぶれた貴族」でござぁまして(爆)、元々の血筋は悪くないはずなんですよねー。
親戚からも私は反乱分子呼ばわりされています(笑)。

しかも両親は鳥なんて全然興味ないんですよ(特に母は動物全般全くダメです)。
不思議ですねー。私も不思議です(笑)。
10. Posted by みみすけ   2010年12月15日 21:01
ちんさんやわ〜

小さい頃のなっちゃんにそっくり。
この後、この色がどんどんはっきりしてきて
本当に美しくなり、色々な物事も分かってきて
さぁこれからダゾ!って年齢なんだよね、ナナクサの2歳って。本当に残念でなりません。
ちんさんに会いたかった。
うちの子らが行くまで待っててね!ちんさん!

なんと。最後のぶんちょさんはキクちゃんでしたか!字も一緒♪
11. Posted by okuたん   2010年12月15日 22:35
キーたんが縁でRamonaさんと出会って、私もRamonaさんがこんなにも大所帯になるとは思ってもみませんでした。(笑)
 
Ramonaさんの少女時代の話、なんだかキュン♪ときちゃいました。
本当に鳥さんが好きなんですよね!
私の鳥さん生活はまだ始まったばかりですが、
これからもずっと鳥さんと生活していきたいです!
12. Posted by とりきち   2010年12月15日 23:04
おお〜〜Ramonaさんも、白文鳥飼ってたんですね
私も、ずっと子供のころ飼っていましたよぉ
名前は、(ちこちゃん)ちこちゃんの歌も、弟と
作って歌っていました。3代目になりさすがに
同じ名前だと、死んじゃうのが早いかな?と思うようになり違う名前をつけた記憶があります。
Ramonaさんのブログは、楽しくもあり勉強に
なることもありーの素敵なブログです。
らもちゃんの袖口インコが、憧れでづっと
見ています。これからも9羽の鳥さん達の様子を
見させて下さいね!!
13. Posted by くるみママ   2010年12月15日 23:14
Ramonaさん、こんばんは〜
コンパニオンバード…私はサザナミ特集と、その次の号だけを購入し、その後の号はもっぱら病院で読んでいます。

Ramonaさんの小さい頃の写真とお話、自分の小さい頃の事の様に、懐かしいなぁって思いました。
私も幼稚園に入るか入らないかの頃から、鳥さんを飼ってたので。
やっぱりRamonaさんと同じでセキセイさんと文鳥さんを飼ってました。
でもあの当時は、今みたいなお医者さんも居ないし、結構過酷でしたよね?
なのに…当時ナナクサさんを飼われてたなんて、Ramonaさん、やっぱり凄すぎます!
Ramonaさんがらもちゃんと出会い、サザナミに人生を捧げるって運命の出会いですよ
14. Posted by ほたて   2010年12月15日 23:21
すご〜い!
何がすごいって、ピッチちゃん!
お庭でRamonaさんの肩に普通にとまってるじゃないですか!?
とっても仲良しだったんでしょうね。
なんだか、写真にほっこりしました^^

あ〜(しみじみ)それにしも、私はRamonaさんのブログにどれだけ助けられたかわかりません。
Ramonaさんのブログがなければ、ペッパーと私はきっと路頭に迷っていました。
そう思うと、サザナミの始まりであるRamonaさんとらもちゃんの出会いに感謝です!
これからも楽しみにしています^^
15. Posted by Ramona   2010年12月15日 23:30
みみすけさま
そうそう、この青いほっぺが白くなってね、どんどん色が鮮やかになっていくんだけどね。

菊ちゃん、名前が一緒ですね。
それまではピッピとかポッポとか、結構いい加減なネーミングばっかりでした(笑)。
ま、今でも略して呼んでばっかりですけどね〜!

okuたんさま
ほんと、タガが外れたように増えちゃいましたね。
2年前の自分はまさか繁殖までするとは思ってなかったです。

okuたんさんも、もう鳥さんなしの生活は考えられないでしょ〜?
小鳥って、こんなに小さい体で、ほんとに大きな存在感ですよね!

とりきちさま
とりきちさんも白文鳥派だったんですね!
あの、灰色のぶちが、段々きれいな真っ白に変身してゆき、くちばしが真っ赤になっていくのが、いつも感動でした。

らもちゃんは、袖口インコ改め、「寄生虫インコ」と呼ぶことにしました(笑)。
今日も服の中でずっとごそごそしていましたよ!
16. Posted by Ramona   2010年12月15日 23:45
くるみママさま
くるみママさんも小さいころからずっと鳥さんを飼ってらしたんですよね!
事故で亡くした子の事とかもいましたが、それが今の教訓にもなっています。
今では関東には鳥専門の病院もたくさんできて、環境は変わりましたね!
これからも鳥さんと末永く暮らしていけるよう、情報交換していきましょう!

ほたてさま
私も久々にこの写真見つけて「外に出してたんだ!」とびっくりしましたよ(笑)!
今じゃそんな事できませ〜ん!

餌やグッズが通販できるようになったり、こうやってブログで情報交換できるようになって、30年数年目でやっとまともに世話できるようになりました。…のつもり、です。

あとは私の場合、病院ですねぇ〜。
専門医がいないのが、まだ困ったところです。
17. Posted by カミヤ   2010年12月16日 00:08
まず……Ramonaさんが荒らしに対して漢らしくて惚れ直しましたwwww
つか、鳥飼さんとして尊敬してますがwww人間としても素敵で大好きです!ブログでしか知らないけど、大好きです(≧Д≦)ゞ

わたしも文鳥大好きです。始まりは文鳥でした。インコは逃げて来た子を叔母が保護してそれをもらったのが始まりです。
ワタシもよく肩にインコを乗せて外に行きました。今考えると恐ろしい……;

悲しい記憶は決して消える事は亡いけれど,そのぶん、そうならないよう、気をつける事が出来ます。ナナクサちゃんはそういうことを教える為に舞い降りた天使だったんですね。
18. Posted by minn   2010年12月16日 00:33
私も、私も〜初めての鳥さんは、白文鳥さんでした
その後、カナリア、コザクラ、オカメ…となり、今では…(笑)
今でも、文鳥の可愛らしい動きに、血迷ってしまいそうになる時があります。
意外にも、セキセイは大人になってからなんです。
カラーもたくさんありますよね〜。お恥ずかしい話、自分ちの子の正式名称もはっきり分からない…
私もコンパニオンバード、買いに行って、勉強しようかな〜?
これからも、Ramonaさんのブログ、楽しみにしています
19. Posted by Ramona   2010年12月16日 00:47
カミヤさま
ぶふふ、漢らしかったですか!いや〜ん(笑)。

始まりは文鳥という方、こんなにたくさんいらっしゃるとは!なんだか嬉しくなりますね!
今でも無性にあの指を3本入れるスポイト?でパカーッと開いた口に粟玉を入れたくなる時がありますよー。

ちんさんが死んだ時、「こんな悲しい思いをするならもう二度と生き物なんか飼うまい!」と心に誓ったはずだったんですが・・・なんの因果かまた鳥さんと生活しとります。
ちんさんの分も、みんな長生きさせてやりたいです!

minnさま
minnさんも「始まりは、白文鳥」?!
私も実はまだ文鳥を心の底ではあきらめきれてないんですよねー(爆)。
ああ、またあの豪快な、文鳥の挿し餌がしたい・・・・・

minnさんちのセキセイさんたちは、「レインボー」?になるのかな?
私もウィル先生の色、まぁこさんに「オパーリン」と教えてもらうまで、知りませんでしたよ。
逆に最近めっきりノーマルを見なくなりましたね!
小学校の飼育小屋とかにはまだたくさんいるのかなー。
20. Posted by ノア   2010年12月17日 14:11
私も始めてのインコがセキセイでした。
小学生の時でした。
文鳥も一度飼いましたがセキセイに戻ってしまいました。

セキセイや文鳥のヒナの中に大きなナナクサがいたらインパクトが強いでしょうね!
ちんさんと一緒のいる時間が少なかったけど、ちんさんは幸せだったんじゃあないかなと思いますよ。
21. Posted by Ramona   2010年12月18日 01:21
ノアさま
ノアさんは初めてのインコがセキセイだったんですね!
私は小学生の時、飼育委員で学校のセキセイが生まれると、挿し餌して手乗りに育てていましたよ!

ナナクサを初めて見た時のインパクトは、今でも忘れられないぐらいすごかったです。
ちんさん、またいつか生まれ変わってうちに来てほしいです。
22. Posted by たっか   2010年12月23日 11:48
わ…私も買った…
買ってしまった…セキセインコだし…

久しぶりにブログ見たら私と悪さを繰り返していた小さい時の写真が載ってるじゃない!今の私があるのはあなたのせいと言っても過言ではありません。
責任とってよ!!なーんて。
猫ばあさんの家で半野良猫達を段ボール箱の罠で捕まえたり、ローラの餌を使いスズメを罠で一網打尽にしていたことを覚えていますか?

あなたと一緒に奪い取ってきた緑のセキセイインコから私の運命は変わりました。
いまや犬、猫、うさぎに子供が二人の大所帯で、仕事も鳥がメインです。そろそろ来年にでもまた鳥探そうかな…。
23. Posted by Ramona   2010年12月24日 02:50
たっかさま
たっかもいつかコンパニオンバードに取り上げられるかもよー!

小6の時、学校で生まれたセキセイをたっかが一羽持って帰って育てたのは、確かライトグリーンのオパーリンだった!ピーちゃんだかピッピだったか、ピの付く名前じゃなかったっけ?!

スズメ一網打尽、覚えてるよ〜!めちゃくちゃいっぱい捕れたよね〜(笑)!そのうちたっかの子供たちが同じことしてたりして(笑)!

妹のAちゃんがジャンボにハマってるんだったっけ?
うちもいつかジャンボ飼ってみたいんだよね。
あ、春になったらうちのサザナミ3ペア巣引きするけど、いるなら送るよ〜(笑)。サザナミも、おもろいよ!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔