松江フォーゲルパーク検査結果

2012年05月30日

里親様各位:お知らせ

大変申し訳ありません。
今年里親さんになってくださった方皆さんに、
緊急業務連絡です・・・。


また今年も里子に出したヒナのうち数羽から、
健康診断でフンから感染症が見つかってしまったそうです・・・。
はぁあああ・・・す、すみません・・・。

しかも、今までうちでは出たことのない、
「トリコモナス」と「ヘキサミタ」という原虫。
一体どっからやってきたんだ・・・・・

まだ検診に行ってない子がいましたら、
早めに糞便&そのう検査を受けてもらって、
結果を教えていただけないでしょうか?
治療は、お薬(チニダゾール or メトロニダゾール)
1滴を1日2回、1〜2週間続けるのが一般的だそうです。
2回目の通院からは、フンを持っていくだけでいいみたいです。
治療の他には、ケージの熱湯消毒&天日干し。
里親の皆様にはお手数&ご迷惑をおかけしますが、
どうかよろしくお願いします。

この原虫はサザナミには特に症状はないようで、
すぐに命にかかわる感染症でもないらしいです。
かといって何かに役立ついい虫ではありませんので、
できたら早めの駆除をお願いします。

一昨年にしーちゃんはジアルジアを退治してたし、
去年ふーブルも糞便検査で何も出なかったし、
今年もポッちゃんの卵詰りの際に検査をしてもらって、
何もいませんよ、と言われていたので、
さほど疑う余地もなく、3ペアの巣引きに入りました。

ん〜、でも、まぁ、出てしまったものは仕方ない
(まだふーブルが感染源と決まったわけではないですが)。
現在抱卵中のペアから有精卵を取り上げるのもしのびないので、
とりあえず巣箱はそのままにして、
うちもフンだけ持って検査に近々行ってきます。
巣上げをしたら、シスト(さなぎ)撲滅のための大掃除をして、
13羽の一斉駆虫に入る予定。
ヒナも、もちろん治療してからのお渡しとなります。

しかし全くの無菌状態で飼うなんてことは絶対無理だよ〜。
でも、この今回の件がとりあえず終息するまで、
うちにお客さんを呼ぶのと、鳥さん飼ってる人と接触するのは
多少控えようと思います(私が媒介してはいけないので)。
経過報告はまたブログで順次させてもらいますね。

皆さんのところもRamona〜ズも、
大したことにならなければいいのですが…。

里親の皆さん、ご迷惑&お手数おかけします。
どうかよろしくお願いします m(_ _)m


動くさざ罫


ご実家に少し帰られていたゆずりさんが、昨日
ポッちゃんと27番、29番に、お花を持ってきてくださいました。

01

皆さんには本当にご心配かけっぱなしで、申し訳ない気分です。
ポッちゃんも27番も29番も、喜んでいることでしょう。
ゆずりさん、ありがとうね。
この花のように、明るく見送ってやりたいです。

ポッちゃんが成仏しきれなくてまだこの辺にいるのか、
今日はハッちゃんがやたらと悲しく響く、絶叫をずっとしていました。
日に日に、じわじわと寂しさが現実味を帯びてきたんですかね。
来月、巣引き組が一段落して、部屋の模様替えする時に、
どさくさまぎれでナッちゃんハッちゃんにあてがってみようかと
うすらぼんやり考えています。
7才と6才の高齢コンビ。
ご隠居ペアとして余生を過ごしてくれればいいのですが、
果たして飼い主の思惑通り、うまくいくかな???

sazaramona at 01:01│Comments(0) 巣引き '12春 | お知らせ・その他

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
松江フォーゲルパーク検査結果