2012年06月01日

検査結果

朝、サランラップとペインティングナイフと油性マジックを持って
うろうろすること30分、ほぼ全員の新鮮なUNPを採集しました。

急いで川野獣医科に持って行って検査してもらったところ・・・、

結局、誰からも、な〜んにも出ませんでした〜! パチクリ

待合室では最悪全員の投薬を覚悟して凹みまくっていましたが、
「ナナクサの球菌(いわゆる善玉菌とか悪玉菌のたぐい)が
若干多いぐらいで、他は全員きれいなフンですよ?」とのこと。

里子に出したヒナのUNPから虫が出たことも話したんですが、
ヒナや若鳥だけから出るのは珍しいことではなく、
トリコモナスやヘキサミタは結構どこにでもいる虫で、
おまけにUNPから出たのはあまり大したものではないそうです。
(そのうから出た場合は別問題だそうですが。)
今のうちんちの状態なら、症状が誰も出ていないので
過剰な心配も投薬も必要はなく、
抱卵中のペアの巣引きも継続していいですよ、と言ってもらえて
涙が出そうなくらい安堵しました。。。
「心配なら挿し餌中に薬を出しますので、
巣上げしたら連れてきてください」だそうです。

今日の時点で、里親さんからもらった報告によると、
検査で何も出なかった子も何羽かいて、
「そういうもの」と思うしかないのかなぁ、という感じ。

今回は、里親さんたちを始め、
ヒナを一泊あずかってもらった鳥友さんたちにも迷惑をかけ、
お騒がせしてしまったこと、申し訳ありませんでした。
一応親鳥たちからは何も出なかったことをここに報告しておきます。
これからは、こんなにアタフタしなくていいよう、
毎年巣引き前に必ずUNP検査出そぅっと。。。反省 orz

動くさざ罫

数日前から急に泣き叫び始めた、やもめのハッちゃん
なぜか、らもちゃんが気にしてあげています。

01

ハッちゃんが鳴き始めるとすぐ飛んでいってあげるらもちゃん
らもちゃんが見てると、ハッちゃんも鳴き止むんですよね〜。
なんだか不思議な友情?が芽生えているようです。

らもちゃんは、やっぱり負のオーラが大好きなんだな・・・。

sazaramona at 01:00│Comments(4)巣引き '12春 | Ramonaの健康

この記事へのコメント

1. Posted by ぴーちゃんハウス   2012年06月02日 19:23
心配ごとが晴れてよかったですね。
主治医の先生は詳しいのでいいですね〜〜〜。

我が家も今は大変ですが、里親様にはすごい迷惑をかけてしまったです。
ハウスの子達のカビ菌を頑張って撲滅します。
 予防薬何年も休んじゃっていた素人判断は良くない、反省です

 輸入鳥も多くなってきたので新しい子をお迎えの時は 検査は大切かも知れませんね。
 
Ramonaさんのブログはすごく勉強になります。
 ありがとうございます。

 
2. Posted by Ramona   2012年06月03日 02:06
ぴーちゃんハウスさま
私も、里親さんに迷惑をかけ、反省しまくりました。
ぴーちゃんハウスさんでは予防薬を飲ませていたんですね。
私も見習って来年からは早めに獣医さんと相談します。
こちらこそ、管理人さんのブログでいつも勉強させてもらっています。
管理人さんは憧れのブリーダーさんです!
3. Posted by ノア   2012年06月03日 11:49
悪い菌が検出されずぬよかったですね。

ヒナちゃんに菌はどこから来たのか不思議ですけれど、ヒナちゃんも頑張って菌を蹴散らして欲しいと思います。
4. Posted by Ramona   2012年06月04日 00:04
ノアさま
よかったのかどうなのか、ちょっと複雑ですけどね〜。
結局ヒナは6羽中2羽から出ました。
里親さんには迷惑かけて申し訳ないですが、早く投薬終わってほしいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔