研修会動物病院へ

2013年10月21日

移動大作戦!

いるかさんから大事な3羽をお預かりしておきながら、
実は私も1泊2日で家をあける予定が入っていまして…

19日早朝、全員に餌を多めに入れて出発し、
翌日20日の夕方に帰宅次第、いるかさんに連絡して
3羽を引き取りに来てもらえばいいか、と考えていました。

が、その19日の朝、実は少し寝坊をしてしまい(バカバカバカ!)、
アタフタドタバタ騒いでる最中に・・・

ひええ、どうしよ〜〜〜!!!
フクちゃんの人生初の卵を発見してしまったよ〜〜〜!!!

01

お、おめでたいんだけど、タ、タイミングが・・・(苦笑)。
まさかこんなに早いとは思わなかったので、動揺してしまいました。
出発予定時刻を過ぎていましたが、とりあえずいるかさんに写メ。
申し訳ないけどこのままにして出ます、と伝えました。

1個目をこれだけ難なくポロリと産めたんだから、
多分卵詰まりなどの緊急事態は起きないだろうと判断し、
とりあえず暖房だけつけっぱなしにして、家を出ました。

動くさざ罫

で、心配しながら20日の夜、アタフタと山口より帰宅。
他のみんなは元気なのが確認できたのですが、
フクちゃんは完全に抱卵モードのようで、
巣箱から出て挨拶もしてくれません(笑)。
まぁ、どうするにしろ、チヨちゃんだけはとりあえず今夜
連れて帰ってもらおうということになり、
いるかさんを呼んで、緊急会議となりました。

★私の意見
もし今から巣箱を覗いてみて、卵が2個に増えていたなら、
もうこのままうちにヒナを巣上げするまで置いといたほうが
コトちゃんフクちゃんのためにはいいんじゃないかな〜?
せっかく2羽が真剣に盛り上がってるんだし、
うちでもセキセイの巣引き、見てみたいし(笑)、
何しろ、本気モードに入った2羽を今移動させるのは、
リスクが大きいし、かわいそう。

★いるかさんの意見
2羽が初めて本気モードに入ったのは嬉しいけど、
やっぱり預けっぱなしは申し訳ない。。。
もしフクちゃんが途中で卵詰まりなどを起こして
命を落とした、なんてことになったら、
Ramonaさんも責任感じるだろうし、
私も看取れなかったことを後悔するだろうし、
その後の私達の関係が変わってしまうのは嫌・・・。
もし移動させたことや環境が変わったことで
今回の巣引きが突然パーになってしまったとしても、
それは仕方ないと思うことにして、
やっぱりいつかどこかのタイミングで
2羽は連れて帰らなきゃいけないと思う。

などなど、色々話しながら、巣箱を覗いて見たところ・・・

BlogPaint

はい、フクちゃん、しっっっかり卵2個、温めてました〜(笑)。
私のいなかった夜、一人静かに頑張ってたんでしょうね。
いやぁ、よかったよ、安産で・・・。

それからまた巣箱を閉じて、話し合い。

よし!コトちゃんフクちゃんをこのケージから素早く拉致し、
目隠ししてる間にササッといるかさんちへ移動!
「全く同じ巣箱の入った全く同じ状態のケージ」をすぐに
いるかさんちの一番静かな部屋でセットしてもらい、
すぐさま2羽をパパっと戻す。
それから朝までカバーをかけ、真っ暗な状態にしておいて、
朝が来たら

「あれ?いつの間にかこのケージ、ワープした?」
いるかさん「ううん、気のせいだよ〜?
「そっか〜、気のせいか〜。じゃあ続きしよ〜っと。」

と「だます作戦」でいこう!と決めました(笑)!

5,6個産み切った状態で移動させるより、
まだ多少常温で放置してても大丈夫な2個の今のほうが、
リスクを最小限に抑えられるはず!

どうにかフクちゃんを巣箱の外へおびき出すことに成功、
2羽を真っ暗にカバーしたケージへ移しました。

「時間との戦い」へのプレッシャーに、
どう見ても焦りまくりの動揺しまくりで挙動不審ないるかさん(笑)、
アワアワアワアワしながら運転して帰られました〜

動くさざ罫

その数十分後、「ケージに戻したら、何事もなかったように、
そそくさと巣箱に入っていきましたヨ♪」というメールが届きました。
うーん、セキセイの環境適応能力、さすがだ!!!
フクちゃん、君は大物だよっ!

「だって、大事な大事な初めての卵でしゅもん

BlogPaint

「僕たちの愛は、環境の変化なんかじゃ揺るがないんでしゅ

BlogPaint

これでまた明日(22日)の朝、もいっこ増えてたら、
もう手放しで大丈夫!ですね。最後まで産み切ると思います。

コトちゃんフクちゃん、お騒がせしたね。
でもこれからは二人っきり、静かな場所で集中できると思うよ。
いるかさんと3人4脚頑張ってね!
ちょっとだけ、期待してるよ〜〜〜!

動くさざ罫

んでもって、我が家の手乗り軍団ですが。

ほっくん春ちゃん:大きく複雑なおもちゃを
新品の状態で入れていっていたのに、
たったの一晩で跡形もなくなくなっていた・・・。
相当二日間、ヒマしてたんだね〜

08

ジョイ君アリーちゃん:かじり木コーン1本消失。
かじり過ぎて、いつもの寝る場所がなかったみたい(笑)。
入れていたペレットは、粉までキレ〜になめ尽くしてありました。

スーちゃん
「もうスーちゃんを置いて行っちゃダメでチュピよ。」

02

らもちゃん
放鳥中ずーっとべったりんこのあまあまモード。

03

らもちゃんね、餌も食べずに待っとったんよ。」

04

そうなんです、らもちゃんは、私のいる空間でしか
ご飯を食べない困った子なのです・・・。

セキセイたちは、逆に餓えで大騒ぎになっていました。
セキセイって、入れたら入れただけ食べるので、
無計画に1日目で食べ尽くしていたのでしょう。

1泊以上の外出はもう無理かな〜(苦笑)。
いや、でも、誰も何もなくてよかった!!!


sazaramona at 01:00│Comments(4) Ramonaのお友達 | Ramonaのお出かけ

この記事へのコメント

1. Posted by kimirdori   2013年10月22日 12:21
すごく驚きました〜
フクちゃん、本当に本気だったんですね!
なんだか母となったフクちゃんが、急に神々しく見えるのですが・・・
あわただしい中、ご心配でしたね。
母子とも健康でありますように!
2. Posted by まこ   2013年10月22日 17:01
卵温めてる子、可愛いですね〜。
無事に子育て頑張って!!

らもちゃんは、もう…らもさんのお腹に抱えて旅するしかないですね!
甘えん坊さん〜
3. Posted by みみすけ   2013年10月22日 23:22
はー!手に汗握りましたよ!私がいれば様子だけでも見に行けたんだけど><

どうしてこう巣箱の中のめすっこはこんなイイ顔するんだろうーってくらい、なんて母な顔♪
セキセイを信じなさいって!大丈夫!
がんばれフクちゃん!

2泊も何とかイケると思うんだけれども、
ただ、金曜日はギリまで遊んで全部済ませて寝かせてから出てるし、厳密には2泊ではないかぁ・・・
しかも水、カバー開け閉め、お願いしとるし、何てったって家に人がいる、
ってだけでも、もう条件違うわな。
だいぶ大所帯になってきたところだし、山根さんに相談することも考慮してみては?
らも氏だけはどーもならんけど^−^;
4. Posted by いるか   2013年10月23日 00:04
この度は色々とホントにどうもありがとうございましたー(〃^∇^)

私めちゃ挙動不審でしたよね
靴反対履くは運転は怪しいはで。。。(笑)
家に帰っても巣箱傾き事件とかで、まだまだキョドってますけどね(* ̄m ̄)

それに引き換えフクの肝の据わり方には感心させられますわー
何事にも動じず3個目も無事産み落とし・・・
コトからもらうご飯が少ないと自分で餌入れからササッと食べて巣箱にお帰りになってますよ
何より別人(鳥)かと思うほど優しくなってます
有精卵かはまだ不明だけど・・・
やはり気分は母親なんですね(*´∀`)

結果はどうあれ、とりあえず頑張ってみます!
またご相談が続々と出てくると思いますが、よろしくお願いいたします(o*。_。)o

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
研修会動物病院へ