2014年01月24日

さよならハッちゃん(改)

去年の春ごろから、少しずつ弱っていたハッちゃんですが、
とうとう22日の夜、お星になってしまいました。

正確に言うと、22日から23日に日付が変わった直後、
午前0時過ぎに息を引き取りました。
苦しんで、苦しんで、七転八倒した末、亡くなりました。
これまでハッちゃんを応援してくださった皆様、
お悔やみの言葉をくださった皆様、
ありがとうございました。

さざ罫3

注:ここから先、苦しむ姿や亡くなった後の写真や動画があります。
自分の記録としてつけているブログなので、そのままを載せますね。

さざ罫3

亡くなる3、4日前から、てんかんのような発作を
起こすようになったのですが(1回の発作が1分間ぐらい)、
それがおさまるとまたケロッとして餌をポリポリ食べてたりなんかして、
見ている私もハラハラしたりホッとしたりを繰り返していました。
数回に一度は、ひっくり返ったまま戻れなくなっていて、
仰向けでジタバタしてるのを指で転がして直してあげたりしていました。

軽い発作の様子



発作がおさまってくると、
「お姉ちゃん、今の何だったんかね?」とでも言いたげに、
必ず私の方に寄ってきてくれました。



重い発作の様子(閲覧注意)



毎日後ろ髪を引かれながら仕事に出ていたのですが、
ナッちゃん、よろしくね」と声をかけると、
ナッちゃんが付き添ってくれていたので、
ハッちゃんも寂しくはなかったと思います。

04

亡くなる前日、半日間だけ症状が落ち着いていた時がありました。
神様から最後のプレゼントだったのかもしれません。

08

バタバタするので羽はボロボロ。
止まり木にも止まれないので、ナッちゃんのUNPが・・・。
でも、目だけはずっと、キラキラしていましたよ。

09

発作の間隔がだんだん狭まってきて、
最終的には10分ごとになっていました。
手乗りなら、抱いてあげたかったですが、
声をかけることしかできず、もどかしく、辛かった・・・。

夜中、ふと「あれ?15分以上発作の音が聞こえないぞ?」と気付き、
ケージの中を覗いてみると、ハッちゃんは静かに横たわっていました。
「さっきのが、最後の発作だったんだ・・・」と思いました。

まだあたたかいハッちゃんを、ケージから取り出しました。
初めてこの手で抱いて、近くで顔を見てやることができました。

↓ クリックで、少し大きくなります
03

長いこと、頑張ったねぇ。
ハッちゃんは、強い子だったねぇ。

色んな事を思い出して、涙が止まりませんでした。
そして、ハッちゃんを枕元に置いて眠りました。

さざ罫3

次の日の夜、仕事から戻ると、ドアの前がお花畑になっていてびっくり!
ゆとりろさん、トンさん、ミエリちゃん、お心遣いありがとう!

02

ずっとしんどかったハッちゃん、やっと穏やかな顔になりました。
(目は、無理矢理閉じたんですが・・・ _〆(´Д`ll)ハハハ)

↓ クリックで、少し大きくなります
01

ナッちゃんは、死にゆく姿をずっと見ていたからか、
ハッちゃんが楽になったのを多分わかっているのでしょう。
呼び鳴きもせず、静かにいい子しています。
病鳥用のあの背の低いケージではかわいそうなので、
らもちゃんが使っていたHOEI 21手のり(一人暮らしサイズ)に
お引っ越しさせました(らもちゃんはまたferplastに逆戻り)。
ナッちゃんも長いこと安眠できてなかったと思うので、
ゆっくり疲れを取っていってほしいです。

他の子たちも、なんか雰囲気が違うのはわかってるみたい。
普段は悪いことばっかりしてるギャングスタたちも、
おとなしく私に寄り添ってくれてました。

06

らもちゃんも、心なししょぼんとしています。

07

今回のように、最後に何日も苦しむ姿を見てお別れしたのは、
初めてではありませんが、やはり、辛いものは辛いですね。
「出会いは別れの始まり」と言います。
お迎えをした時点で、お別れはわかっていたことのはず・・・。
でも、やっぱり辛い。本当に、辛いです。
19羽いても、1羽減ったらこんなに寂しいのか、と思います。
余ったグルコサミンのタッパー見て、また涙。
1羽になったナッちゃんを見て、また涙。

ハッちゃん、うちに来て幸せだったかい。
今ごろポッちゃんと会っているかい。

ハッちゃんは、本当によく頑張りました。
5年間、楽しい時間をありがとう。
鳥天で、安らかにお眠り・・・

合掌


sazaramona at 01:00│Comments(10)Hotch & Nazz | お知らせ・その他

この記事へのコメント

1. Posted by すがり   2014年01月26日 08:10
はじめまして。
まずは心からご冥福をお祈りいたします。

すこし気になったのですが、鳥さんのご遺体写真を載せる際には、冒頭等にお一言注意書きを添えられた方がよろしいかと・・・
(中には気分を害される方もいると思われますので)

ハッちゃん、お写真拝見しましたがほんとうに綺麗なサザナミインコですね。
空の向こうで幸せに暮らしていることを願います。
2. Posted by みみすけ   2014年01月26日 23:29
ネット回線を通じてとはいえ、大好きなハッちゃんの最後に立ち会うことができた、ってのは
神様っているんだなぁと思いました。
中継を聞くのはつらかったけれども・・・。

抱っこして爪切りしたこと今も覚えています。
イケメンマッチョのかわいいかわいいハッちゃん。本当に大好きだったよ!
3. Posted by momi   2014年01月27日 10:02
Ramonaさん
ハッちゃんの動画や写真を載せる勇気!本当に頭が下がります。悲しい気持ちに耐えているRamonaさんのお心に共感します。他人ごとではない現実を見て、私も心構えを、覚悟をさせていただきました。感謝申し上げます。
4. Posted by ノア   2014年01月27日 20:44
ハッちゃん、辛かったのね。
上の止まり木で右往左往しているナッちゃんも心配だったのでしょう。。。

ハッちゃんは天寿を全うしたように思います。

ハッちゃん、安らかに。。。
5. Posted by kei   2014年01月28日 00:48
なかなかコメントを残せずいましたが、変わらず読ませていただいてました。

ハッちゃんのこと、ブログを開くたび「今日も無事だった…」とホッとしていましたが、
亡くなった今は、楽になって大好きなポッちゃんとまた一緒になれて良かったね、と…。

ハッちゃん、安らかにね。
6. Posted by ゆとりろ   2014年01月28日 10:01
はぁぁ‥‥(T^T)
Ramonaさんの苦しみ,悲しみが共有出来ました‥‥。
ハッちゃん,本当によく頑張ったよね。
最期までかっこいいよっ!!
さすがぽぽろのお父さんだね。

出会いの数だけ別れがあるのはわかっていても
つらいなぁ‥‥。
一期一会を大切にしないといけないなぁって
改めて教えてもらいました。
7. Posted by らむ   2014年01月28日 19:41
Ramonaさんがどんな思いでハッちゃんを見守っていたかと思うと、たまらない気持ちになりました。荒で抱っこしてあげられないことがどんなにもどかしかったか……
ハッちゃんもRamonaさんも本当にがんばりましたね。おつかれさまです。
8. Posted by Ramona   2014年01月29日 02:32
すがりさま
わざわざコメントをくださって、ありがとうございました!
(遺体を見て気分を害される方が、ペットを飼えるんでしょうか、とも思いましたが)一応注意書きを増やして画像を小さくしてみました。
これでいかがでしょうか?

みみすけさま
荒の子は手の平の中で看取ってやることができないのが辛いね。
あのどうしようもない時間を共有してくれてありがとう!!!

momiさま
わかっていただけます?ううう、嬉しいです。
まぁ、公開したのは、私一人で見てるのが辛かった、というのもあるんですが、決して美しいお別ればかりじゃないんだよ、というのも皆さんに伝えたかったのです。
これを見て覚悟を改にしてくださる方が一人でも増えれば、ハッちゃんも頑張った甲斐があったかなと。
お互い悔いの残らないよう、一日一日を大切に過ごしましょうね〜。
9. Posted by Ramona   2014年01月29日 02:37
ノアさま
ナッちゃんも、困ってましたね。
でも、ハッちゃんを一人で逝かせたくなかったので、離すわけにもいかなかったんです。
ハッちゃん、充分生きたでしょうか。
体は楽になれたと思います。

keiさま
ありがとうございます。
私も、悲しいの半分、ほっとしたの半分です。
弱ったハッちゃんを毎日見るのは本当に辛かったです。
今ごろポッちゃんに会って、浮気を怒られてると思います(笑)。
10. Posted by Ramona   2014年01月29日 02:42
ゆとりろさま
動画には恥ずかしくて入れてないけど、発作が起こるといつも「だいじょぶだいじょぶ、お姉ちゃんココおるよ〜、ナッちゃんもいるよ〜」と大きな声で話しかけてました。

今回のことでわかったのですが、ハッちゃんは「心臓が強い」ですね。
ぽぽろちゃんにもその体質が受け継がれてるといいなと思います。

らむさま
抱っこしてあげられなくても、ハッちゃん、こっちに寄ってくるんですよ。
触らせてはくれないけど、信頼はそれなりに得てたんだな、と感じることができました。
それだけで、充分嬉しかったです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔