ハッちゃんアルバム優しいいけぴょん

2014年01月28日

一難去って・・・

夕方帰宅して、さあ放鳥しよう!と思って
一羽ずつケージから出していたら・・・

ギャー1羽、頭が赤いセキセイがおるーーー!!!

マグちゃん!!!!!
ど、どどど、どしたんね、その顔!!!

「・・・・・。」

01
(ちょっとエグいので画像小さくしました。
クリックで少し拡大します。)

私が出ている間にセキセイ寮で何があったのか・・・。
まぁ、すぐピーンときたんですが・・・。

とりあえずマキロンをピューピューぶっかけて、
脱脂綿で血を拭き取りました。
小さいかごに20Wのヒーターをセットして、マグちゃんを隔離。
あー、痛々しい・・・

02

でも本人(本鳥)は至って普通にしています。
餌もポリポリ。

03

マグちゃん!もっとソコ、よく見せて!ボクの芸術作品を!」

04

なぬ?!「ボクの作品」じゃと?!?!
アーちゃん、犯人はオヌシじゃな〜〜〜〜〜

「うっ・・・違いま・・・ちゅ・・・。」

05

赤ちゃん言葉使ってもダメよ。
あーた前科が何回もあるんだからね。
またマグちゃんをいじめたんでしょう。

「た・・・多分、ボクでチュ・・・かね。」

06

ウィル先生いけぴょんは、他の子に危害を加えるような性格では
ありません。もうそんな意欲も体力もない年です。

ぼんちゃんは、はっきり言って「セキセイに興味がない」ので、シロ。
(メスからオスに襲いかかることもないでしょうし。)

「アタシ、見てたけど、無視してたの〜。」

09

去年6月にアーちゃんマグちゃんを引き取って、
検疫期間で実家にしばらく置いていた時、母が言っていました。

「この水色の子は、青い子をよくいじめてるよ。」と。

でも、それまでずっと一緒に暮らしていたわけだし、
うちの広〜いセキセイ寮にぶちこんじゃえば、
逃げることもできるし、エサ入れも複数あるし、
先輩たちもいるし、大丈夫だろうと思ってたんですよね〜。

実はマグちゃんって骨格の奇形で全く飛べなくて、
性格もものすごくシャイでおとなしく、
体格も性格も正反対のアーちゃんから、よくつつかれてたんです。
でも私はずっとこの2羽は、
ジャイアンとのび太のような関係の「友達」だと
思ってたんですよね〜。

なので今回もいつもの「ジャイアン(アーちゃん)のいたずら」ぐらいに思って、
数日離して様子見るか〜、とも思ったんですが、
消毒した傷口を間近で見てみると、結構ひどい(しかも数カ所)。
で、放鳥早めに切り上げて、獣医さん行くことにしました。
んが、いつもお世話になってるパル動物病院が火曜日は休診日。
急遽西区の川野獣医科へ・・・。

診察券を出す時に焦ってしまってパルだの浜村だの、よその診察券が
バラバラバラ〜ッと一緒に出てしまい、受付でいきなりアワアワ(笑)。
「あはは、いいですよ、どちらも仲のいい知り合いですから」
と女医さんに言われる始末(恥)。

で、院長先生がマグちゃん見るなり
「あ〜、これは結構本気でやられてるね〜!殺す気だったかもね〜。
目の周りばっかり執拗に狙われてるもん。
飼い鳥でも本能で急所は知ってるからね〜。」
だって・・・。あああああ、君たちを「友達」だなんて思ってた
お姉ちゃんを許してくれ、マグちゃん。ごめんよ〜〜〜

07

でも「結構深くえぐられてるけど、縫うほどの傷ではないよ。
続けてマキロンかけてやって。
目そのものに傷がなかったのは、ラッキーだったね〜。
1日1滴飲ませる抗生物質5日分出すから、それで様子見て。」
とのことです。
ふぅ、命に別状はなくてよかったぁ〜。

「で、とにかく、もう『別居』ね。一生一緒に入れないこと。」

え!がびーん。。。

傷が治るまではマグちゃんが独居だけど、
その後マグちゃんをいじめるアーちゃんを独居房に入れるべきか、
そのまま大人しいマグちゃんを個室にするか・・・
悩みがひとつ、増えました。

なんか、誰かの問題が片付いたと思ったら、また次から次へ…、
今年に入ってトラブルのない日がないんですけど〜〜〜(T_T)

お祓いでも行ったほうが、ええんかなぁ〜〜〜
鳥の神様って、どこ???

動くさざ罫

ちなみに今日の病院代は、1680円也でした。
多分、初診料と診察代とお薬の合計です。
ここは明細も出ないし、レシートもないのよね。。。

sazaramona at 01:00│Comments(2) Ramonaの健康 | Wil子, いけぴょん, Bonzo, Artie & Magoos@セキセイ

この記事へのコメント

1. Posted by まこ   2014年01月29日 22:48
うわわわわ!大変ですね!!
本人がケロッとご飯食べてて、命は大丈夫なのが救いだぁ・・・
しかし、激しいもんなんですね・・・。
なんというか、自然界では弱いものを排除しようとする行動は珍しくない事なんでしょうが
目の当たりにするとびびります。
らもさんにとっては両方可愛い子だし
仲良くして欲しいだろうと思います。
悩みますね〜。
御一人様でぬくぬく育てるのもいいかも?w
2. Posted by Ramona   2014年01月31日 23:12
まこさま
いや〜、私もびっくりしました。
マメルリハならありえると思ってましたが、まさかのセキセイでこんな事が。。。
でもアーちゃんのことを怒ってもわかんないだろうし、これから再発しないように先手を打って予防していくしかないですね。

しかし、ケージ増えると、レイアウト困るんですよね〜。
人間側の都合ですが。。。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ハッちゃんアルバム優しいいけぴょん