2013年12月

2013年12月24日

21羽になっちゃった!

アップするのが遅れてしまいましたが!
実はまたそうちゃんことちゃん来ています(笑)!

01

今回は、年末年始を挟んで1ヶ月の滞在予定!
しゅうまいさん、また長期海外出張なんだって〜〜〜。
ホント、ご苦労さまですね・・・。

「お姉ちゃん、なんからもちゃんこの子よく知ってる気がするよ?」
「ボクも、なんかこの家、よく知ってる気がするデス・・・。」

02

ことちゃんは早速ナッちゃんのケージチェック。
ケージが変わってビニールシートもかぶせてあるのに、
よく見つけるもんだよねぇ。

03

そうちゃんも、カメラ好きは相変わらずで(笑)。
カメラを向けるとじーっとこっちを見てくれます。

05

ことちゃん
、新しい歌のレパートリー増えたらしいじゃん。
聞かせてよ、「はじめてっの、アコム♪」。

「うーん、実はそれ、まだ練習中だから恥ずかしいんだ・・・。」

06

しばらくまた賑やかな家で、落ち着かないかもしれないけど、
元気で仲良くいい子して、しゅうまいさんの帰りを待とうね。

「はーい!」

07

全く人見知りのないフレンドリーな「ザ・サザナミ」が見たい方、
今ならもれなくそうちゃんことちゃんがお相手しますよ〜。
ぜひ2羽に会いに、遊びにいらしてください。

「しゅうまい母さん、気をつけて行ってきてね。」

04

明日は粟穂をみんなにプレゼントだよ!
皆さんのお宅にも、メリー・クリスマス!


sazaramona at 01:00|PermalinkComments(4)そうちゃん & ことちゃん@お預かり中 | Ramonaのお友達

2013年12月06日

ハッちゃんの新居

うちでは基本的にサザのペアには全員「HOEI 35手のり」を
使ってるんですが(高さ54.5センチ)、
年を取って運動量の減ったハッちゃんナッちゃんペアだけ、
10.5センチ背の低い「35角」に移住してもらってました。

が、それでもハッちゃんが止まり木からよく落ちるようになったので、
止まり木を細くしてみたり、低いところに付けてみたり、
はしごを引っ掛けてみたりと、色々工夫を続けてたんですが・・・

しかしあんまり低いところに止まり木を付けると、
今度は止まるのを嫌がって(男の意地なんですかね〜)、
天井にしがみついては、またドスーン、の繰り返し・・・。
羽はボロボロになるし、充分な睡眠も取れてないみたいだし、で、
どんどん弱っていくばかりのハッちゃんを見るのが辛く、
何かもっとしてやれることはないか、ずっと考えていました。

「101角」など、もっと小さいケージも一応予備に2つほど
持ってるんですが、これは幅と奥行が狭いだけで、
高さは結局「35角」と5センチしか違わないんですよね〜。

鳥用のケージって、背の高いものならなんぼでも色んな種類が
各社から発売されてるんですが(更に増設できるのもあるくらい)、

long3long4

逆に「低さ」を追求したものって、皆無なんですよね〜〜〜
(まぁ、当たり前っちゃ当たり前ですが・・・)。
どうしても、低い物、を探すと=全体的に狭い物(小さい物)、
になってしまう・・・(フィンチ1羽飼い用とか)。

底の広さは35程度のままがキープしたいんだけど
(狭くなると底を歩き回れないし、止まり木から
エサ入れ・水入れにフンが入るから困るんですよ)、
どうにか高いとこから落下した時のダメージを軽減してやりたい・・・。
もう最悪、側面のワイヤー上部をブチブチ切って、
フタをハンダ付けして無理矢理背の低い35ケージを
手作りしようかと考えてました。

が、これって失敗したら5000円がパーじゃん!と思い、
なかなか手が付けられずに数日間躊躇・・・。
でもそれを悩んでる間にも、横の部屋から1時間に1回ぐらい
「バタバタッ、ドスーン!アワアワアワ…」、が
聞こえてくるんですよね(夜中も絶え間なく…)。
このままでは、内疾患や老衰で弱るのより先に、
外傷やショックで死んでしまうかもしれません。
ん〜、困ったなぁ〜・・・

と、そこへ、ひらめきました!

「複数ハムスター飼育用のケージなら、
きっと底が広くて平べったいはずだ!」

・・・んが、検索しても検索しても、出てくるのは
底のトレイが異様に深く(おがくずを敷き詰めるため)、
フンきり網が付いていないタイプばかり。
しかもほとんど側面が派手な色のプラスチックで、
お城とか遊園地みたいなのばっかりです(笑)。

uchuu

こんなの、もはや、う・・・宇宙船・・・(笑)。

HOEIから大きさはほぼ理想的な、シンプルなハムケージが
発売されてはいるんですが、ん〜、やっぱり、フンきり網がない。

これがそのHOEIのハムケージ。惜しい!

oshii1

アイリスオーヤマ版。これも惜しい!

oshii2

SANKO版、ぱっと見いいけど、幅40センチは広すぎる!
(ラックに入らん!)

OSHII4

こういうマイナーメーカーのものも、惜しいのばっかり!
てか、迷路とか巣箱とか回し車とか、
オプションにほとんどのお金払ってると思うとイヤだ(笑)!

OSHII5

いやぁ、どれくらいネットをさまよいましたかね〜。
やっぱ「鳥ケージに似たハム用ケージ」なんて
存在しないのかな〜、と諦めかけたその時・・・・・

とうとう見つけました!理想のハムケージ!
これこれ!まさにこんな形が欲しかったんです!!!
画像を拡大してみたら、フンきり網も付いてるようだし!!!

hotch

しかも値段は1480円ですと(笑)!
さすがノンブランドの中国製〜(笑)!
この値段なら失敗してもいいやと思い、迷うことなくすかさずポチッ!
翌朝、無事に鳥取のホームセンターから届きましたよ〜〜〜!

これが、パチもんとしてはなかなか気が利いてる逸品で、
35で使っていた止まり木が、なんとそのままぴったり使えました!
主張のないオリジナル性が、実に素晴らしいこれぞパチもんの鏡(笑)。
マルカンの40Wの電球も、タテにぴったり収まりましたよ!
早速、ハッちゃんナッちゃん、お引越しでーす。

01

左隣りの35手のりとの高さの違い、わかります?
これならハッちゃん、天井や止まり木から落ちても痛くありません!
また、底網から、止まり木によじ登るのも簡単です。

幅も35と変わらないので、エサ入れ小皿、水入れ小皿、
エッグフード小皿、ボレー粉小皿、
副菜クリップ、粟穂クリップなどを全部、
充分横に並べて入れることができます!

しかしさすがハムスター用ケージ・・・
組み立てながら、アレ???と思ったんですが、
開口部が側面になく、どうやら上部を開けるタイプみたい・・・(苦笑)。
スチールラックの棚の高さを下げようと思ってましたが、
上の扉に手が入れられるぐらいは空間に余裕を持たせなければ
なりませんね〜。これはちょっと誤算でした。

が、基本的には充〜分気に入ってますよ!
ハッちゃんナッちゃんも、すぐに馴染んでくれました!

02

ただ、うちは全員底のトレーを黒で統一してたので、
見栄えは悪くなりました・・・が、この際背に腹は変えられませんね。

別に体が悪いわけではないナッちゃんには、
ちょっと圧迫感があって住みにくいケージかもしれませんが、
ハッちゃんとの別居はこれよりもっと辛いだろうから、
しばらくこれで我慢してちょうだいね。

明日は上の開口部が開きやすいように、
ビニールシートの巻き方を少し変えてみようと思います。
ま、ぼちぼち、2羽の住みやすいように、
ちょっとずつ様子を見ながら改良していきたいです。

もし皆さんのお宅にも、足の悪い子などいたら、
これ、オススメですので使ってみてください。
リンク先は、コチラです!
      ↓↓↓
171オンラインショップ「ハムスターケージDX」


sazaramona at 01:00|PermalinkComments(4)Ramonaの持ち物 | Hotch & Nazz

2013年12月03日

今日のハッちゃん

ツイッターで「ハッちゃんがもうそろそろ危ないかも…」とつぶやいたら、
たくさんの方から心配&励ましのメールやメッセージやお電話をいただきました。
皆さんハッちゃんを気にかけていただいて、本当に、ありがとうございます。

ハッちゃんがどれくらい老け込んだか見てもらうために、動画を撮ってみました。
2分近くあるのですが、これで今のハッちゃんの様子が大体わかるかな〜。

最初は足が開いた状態で食器のふちに止まっているところ、
45秒目ぐらいで小刻みにプルプル震えてるところ(手ブレではありません)、
55秒目ぐらいで少しの段差にズッこけてズリ落ちるところ、
1分18秒目ぐらいからボロボロに擦り切れてなくなっちゃった風切羽と尾羽根、
1分30秒目ぐらいからウトウトする顔(というか意識が薄れる感じ?)、
などなど、現在のハッちゃんのヨボヨボの様子が写っていると思います。

ちょっとこのところ仕事が立て込んでいて、
ケージの掃除が10日間ほどできてないので、
背景のネコ砂が汚いのには目をつぶっててくださいね・・・(笑)。



ご飯をちゃんと食べているのと、
ナッちゃんと寄り添って羽繕いし合っているのを見ていたら、
今日やら明日ですぐお迎えが来るというわけではなさそうですが、
正直、この冬が越せるかどうかはビミョーな気がしますね〜。
まぁ、「ハッちゃんめっきり老けこんだな〜」と思い始めてから
早くも1年経ってますので、これでもとっても頑張ってくれてると思います。
人間の寿命が70年〜80年で、サザナミの寿命が10年だとすると、
私の1日はハッちゃんにとって、1週間。
ハッちゃんが弱り始めてから1年間頑張ってくれたということは、
人間が7年間頑張ってくれたのと同じくらいすごいことなんですよね。
理想を言えば、このまま静かに穏やかに、
ゆっくりゆっくり残りの余生を過ごしてほしいと思っていますが、
これからはホント、1日1日が勝負かな〜・・・。

ちょっとかわいそうな姿をさらしてしまいましたが、
現実問題、これが「年老いたサザナミ」の最終形です。
弱っていく老後を直視しなくてはいけないのも、飼い主のつとめ。
それが責任もってペットを飼う、ということですよね。

・・・と頭では理解しているのですが、
実際はとても不憫でかわいそうで・・・シクシク。

保温をしっかりしてあげることと、
おいしい栄養のあるご飯を食べさせてあげることと、
愛するパートナーを一緒にいさせてあげること・・・。
荒のハッちゃんにはそれぐらいしてやれませんが、
痛そうとか苦しそうではないのが、せめてもの救いです。

ハッちゃん、もう少し頑張ってくれるよね?
もう少し、ナッちゃんと一緒にいてあげてくれるかな?
明日もリンゴとピーマン、エッグフードとオーツ麦、
ハッちゃんの好きなものいっぱいあげるね。
かわいいハッちゃん、大好きだよ〜


sazaramona at 01:00|PermalinkComments(6)Hotch & Nazz | Ramonaの健康