社交界デビューキラリンコビーム

2009年05月16日

らも飯

うちには「らも飯」という特別メニューがありまして…。

というのも、一人餌切り替えに失敗したまま1年、
乾いたペレットが全く食べられないらもちゃんの為に、
未だに砕いたペレットをペースト状にした「流動食」を
毎朝作っているんですよ。それすなわち「らも飯」。

ペレットを粉砕するついでに、サプリなども
なんでも混ぜちゃえば確実に摂取させられるし、
ペレットの種類も3、4種類を適当に混ぜて、
有無を言わせず色んな会社のが口にできちゃうという
メリットもあるので、結局1年続けてるんですよね。

10日〜2週間ほどストックできる量の
粉末「らも飯のもと」を作り置きしておきます。
というわけで、今日がその日でありました。

ら「お姉ちゃん何してるのかな?」

01

用意するもの。まずはミルサー(のまがいもの)。

02

これで、数社のペレットをまず粉砕します。
全体の8割ぐらいがペレットです。

03

そこから、色んな添加物を加えていきます。
まずは、ガッチガチのとうもろこし少々。

04

次に、エッグフード少々。

05

それから、最近入れ始めてみた乾燥ミルワーム。

06

気休めに「青菜の代わり」というサプリメント。

07

さりげなく、ボレー粉も。

08

今日は特別に、「余ったフォーミュラ」もサービスで
入れちゃいました(笑)。もったいないし…。

10

あとは上から思いっきりネクトンをふりかけます。
余裕のある時は(笑)、乳酸菌のパウダーを入れたり
スピルリナを入れたりする事もあります。

09

で、かき回して終了。

11

このティースプーン山盛り2杯を毎朝
1:1の水で溶きます(トロトロ、ぐらい)。
きれいに残さず食べてます。

これが、らもちゃんだけの、特別食。

後は、シードをスプーン1杯、別容器で。
リンゴやピーマンなども、毎日少しずつ。

すると、こんな体型の子が出来上がります(笑)。

ら「らもちゃん、洋梨じゃないよ〜。」

12

他の子達は、素直にカリカリペレットもシードも
バランス良く食べてくれているので、
こんな手間はかかりません。
でもふーちゃんとブルマちゃんの水入れの中に
落ちてるペレットの残骸を見る限りは、結局
ふやかして食べてる事には変わりないようです。

かと言って、濡らさず食べさせようとすると
ブルマちゃんはよくカハカハと咳き込むので、
水入れがどれだけぐちゃぐちゃになろうと(泣)
食べたいように食べてくれればそれでいいです。

sazakei

で、今日のヒナっち。
1番前田様(左)はパタパタ部屋中を飛び回るように
なりました。でも私の肩や頭に戻ってきてくれるのが
嬉しいんだなぁ、これがもぅ

13

2番は私の肩でまったりするのが大好きです。
たまにクイ?と鳴いて、1番の所在確認をしていますが
返事があればそれで安心するようで、特に飛んで
探しに行ったりはしません。
というか、2番、飛びません(笑)。

挿し餌切って2日目ですが、2羽ともプリプリと
いいウンチをしているので、ガンガン自力で
食べれてるみたいです。
カリカリペレットもイケてるみたい。
いい感じです。

sazaramona at 01:01│Comments(12) Ramonaの食べ物 | Ramonaの健康

この記事へのコメント

1. Posted by okuたん    2009年05月16日 20:16
確かにこの方法だと、いろんなペレットや栄養食を確実に食べてもらえますよね〜!!
乾燥ミルワームや乳酸菌も入っているなんて、完璧ですね!
Ramonaさんの愛情の深さに脱帽です!

容器の『らも用』っていうのにキュンときちゃいましたよ。

2. Posted by まぁこ   2009年05月16日 21:37
らも飯

手間はかかりますが、
いろんなものをまんべんなく食べれるので
栄養のかたよりがなくてよさげですね〜(笑)

ぷーちんを見てわかるように
サザナミは乾燥ものよりやわらか系のご飯のほうが
いいのかもしれませんね〜

ちびちゃんずもちゃんと一人餌移行できたようですね!
うちも今日からフォーミュラなくなったので
強引に一人餌にしましたけど、体重維持できてました(笑)
おなかすいたら食べてくれるもんなんですね(笑)
・・・でも食べてるのは粟穂ばかりです^^;;;;
3. Posted by 低温殺菌牛乳っち   2009年05月16日 23:12
Ramonaさん、こんばんは〜(^o^)/゛

らもちゃん用ご飯、凄い愛情感じます♪
ミルワーム、ホムセンとかで生きているのしか私知らなかったのですが、きちんと乾燥したのも売っているのですね。ホホォ〜勉強になります。

雛っぴ達、いい仔に育っていますね。^^
かわいいなぁ 
4. Posted by カール   2009年05月16日 23:23
ご飯のあげ方について、非常に参考になりました!!
硬めのペレットだと咥えた瞬間にヤル気を失って
皿の外に落として終了〜なウチのサザ。
かと言って、すり鉢で粉砕しすぎると
ムセて食べなくなるので困っていました。
その点「らも飯」は栄養と水分が丁度良い感じで
採れるのでイイですね。
長時間の室温放置にならない週末だけでも
「らも飯」で沢山栄養とって貰おうと思います。
Ramonaさんがタッパーに「らも用」と書いてあるのに愛情感じましたv
5. Posted by さこ   2009年05月17日 00:17
こんばんは。
らも飯、Ramonaさんの愛情を感じますね〜。
確かにこれだと、色んな栄養素を摂ってもらえますよね(^∇^)
(うちも乾燥ペレットをあげても、結局水入れでふやかしてますし・・・^^;)
雛ちゃん達も一人餌への移行、順調みたいですね。
たくさん食べてたくさん出して、元気に育ってね(´∀`*)
6. Posted by ノア   2009年05月17日 00:59
10gであんなに体型の差があるとはしりませんでした。。。。

1号・2号ちゃんもちゃんとペレットが食べられるということで安心しました。
うちのトトちゃんはまだふやかしペレットをたべています。
いつ、ちゃんとしたカリカリペレットが食べられるのやら・・・・・
7. Posted by みみすけ   2009年05月17日 02:56
写真と一緒にらもちゃんの一言が必ず
添えられているの、
かわゆくてかわゆくても〜〜っ
本当におしゃべりできるようになると
いいのになぁ〜〜〜!ね、Ramonaさん!

余談ですが、私の好きなGIFアニメで、
この猫がおしゃべりできるといいなぁと主人公が
つぶやくわけです。そこで同居している魔人が
そうかそうか!と猫に魔法をかけます。
わくわくする主人公。で、猫は

「おまえにはうんざりなんだよ!!!!」

タバスコルームで検索してみてください。
傑作です。

らも飯!うっわぁ〜〜エグザクトも真っ青よ!
コレ、このまま、ひなっぴご飯にしたいかも!!
ってくらい、愛情弁当ですね〜

Ramonaさんと、らも係長の出会いの頃の日記、
探して読んでみたくなりました!さ、探そ!

8. Posted by ぴろこ   2009年05月17日 10:32
究極の愛情フードです!
・・・お迎えする前に読みたかった!!!
目からウロコです。

オカンはミルワームにも惹かれます。
うちもあげてみよ!
よさげ!!!



9. Posted by はぎ妻   2009年05月17日 11:24
らもちゃん、いつまでもお姉ちゃんに愛情と手間をかけてもらえて幸せですね♪

さざなみって、たぶん野生のときも柔らかいものしか
食べていないんじゃないでしょうか?
うちのまるちゃんコニちゃんも
オーツ麦は必ず水に浸して食べるし、
まるちゃんもペレットは水に1個ずつ浸さないと
食べません(笑)
ペレットはコニちゃんもときどき浸して食べているようです。

柔らかいペレットがあるようで
一度試してみたいと思っているのですが、
お試し用がないので、
食べなかったら数千円パーですから(笑)
どうしようか思案中です。
10. Posted by nao   2009年05月17日 13:06
らもちゃんの愛情たっぷりご飯をみて、
うちの子達の素食っぷりに少し罪悪感(笑)
らもちゃんの開いてちょこんとした足&そしてあのまんまるな瞳!!
相変わらず可愛いですなぁ♪
カハカハ咳き込み、冷や冷やしますよね…
一度ぴぃが風邪で咳き込んで大変な目にあっているので、
「何っ!?次は何なの!?また風邪っ?」と1人で大騒ぎですよ(汗)
で、「なんだ、ご飯でイチイチむせないでよね(ちょっとイラッ)」を繰り返しています(苦笑)
11. Posted by カズキ   2009年05月17日 16:50
愛情たっぷりご飯ですね(^O^)
少しは見習わないといけませんね

しかし、ペレット水に浸ける子多いんですね〜
水のいたみが心配で、ボトルタイプの水入れに変更したのですが、詰まり気味です。(明らかに詰まる。噎せる訳では無いのですが、、、)
水に浸けて食べるのは、多すぎる蛋白質を水に浸す事で調整しているのでは?と云う説も有るし、水に浸して食べさせるべきなのかな〜悩みます
12. Posted by Ramona   2009年05月18日 03:47
皆様へ
まとめてレスですみませ〜ん!

愛情ご飯というより…苦肉の策だっただけなんですよ
過去ログを見てもらったらわかるように、らもちゃんは細くて小さくて虚弱で、おまけに挿し餌がいつまでもきれなくて、、、どうしたら栄養を摂ってくれるのか、ずーっとずーっと悩んできました。

タッパーに「らも用」と書いてあるのは、1週間の旅行に出た時、鳥のお世話とお留守番を頼んだれいさんに(あの時は本当にありがとう…)、「らもちゃんだけコレじゃけえ、エッグフードと間違えんでね」と、印をつけていただけなのです。。。(恥)

ミルワームは先月から入れ始めてみたので、効果がまだわかりません。
アブラギッシュでムキムキになってきたら、動物性タンパクも効果があるということですね。しばらく続けてみたいと思います。

あくまでもこれはらもちゃんだけの「特別食」なので、くれぐれも皆さんは皆さんの鳥さんの様子を見て、それぞれに合ったお食事を用意されてくださいね〜。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
社交界デビューキラリンコビーム