野生のサザナミインコやっぱりハトが好き

2009年07月07日

スーちゃん特集

今日はだんだん大人っぽくなってきた(?)
マメルリハのスーちゃんを紹介します。

ス「え?呼びまピチュたか?」

01

■マメルリハインコ
  • 英名:Pacific Parrotlet
  • 和名:豆瑠璃羽鸚哥
  • 原産:南アメリカ(エクアドル〜ペルーの太平洋沿岸)
  • 体長:12〜13cm
  • 体重:30〜35g
  • 寿命:約20年
  • 色種:ノーマル(グリーン)、ブルー、
    アメリカンイエロー、アメリカンホワイト、
    パステルイエロー、パステルブルー、
    グリーンパイド、ブルーパイド、
    グリーンファロー、ブルーファロー、
    ルチノー、アルビノ、グレー、グレーグリーン、
    シナモン(イザベラ)など
  • 食性:野生下→穀類、種子、果実、昆虫など
    飼育下→中型インコ用シード・ペレット、野菜、果物、エッグフードなど
  • 鳴声:普段はスズメのようにチュピチュピと小さな声で
    鳴いていますが、キッキッキッ!!!という呼び鳴きや
    警戒鳴きは意外と大きく響きます。
    お喋りをする子もいるようです。うらやましー。
  • 性格:気が強い。マイペース。甘えん坊。
    支離滅裂(笑)。好奇心、食欲、共に旺盛。
  • 飼育:寒暖にも強く、繁殖も容易(らしい)
スーちゃんの事。
ブルーのメス、本気噛みしながら全身をボワボワにして
甘えてくるという二重人格(鳥格)が共存する。
らもちゃんの事は好きだが、ウィルちゃんの事は嫌い。
ぴーちゃんハウスさん出身の美人さん。
特技はかさぶたはがしと大股開き。

ス「オマタは開いてたほうが安定するんでピチュ」

03

基本、ガニマタですね。お腹は地面にべたっとついてます。

そして、どんどん大きくなってゆく下アゴ。。。
どんな破壊魔になるのか、末恐ろしいです。

02

↑ よく見たら、やっぱり大股開きなのわかります(笑)?

あとスーちゃんには、多分ヒナで誘拐された時の
ストレス線があります。ヒナ換羽で抜け換われば
とってもキレイなブルーになると思います。

04

メスでも、腰と尻尾はとても鮮やかなブルーです
(背中や肩、風切羽根は灰色に近い水色です)。
オスは、羽根の裏?と目尻にも濃いブルーが
あるそうです。80年代のキヨシロー(笑)?

正直な感想として、マメルリハは(スーちゃんは)
「サザナミより、何を考えているのかわからない」
ところがあります。表情が読みにくいとかじゃなくて、
気分の切り替えが早いというか(サザナミが引きずる
タイプだから余計そう思うのかもしれません)、
警戒心も強いけど、一瞬で好奇心に取って代わってたり、
大興奮してたかと思うとダラダラにリラックスしてたり、
「一瞬先が読めない」タイプなんですよねぇ。
だから、どうしてあげたらいいのかわからない時が
あります。まぁ私の勉強不足というか、
まだ付き合いが浅いのもあるんですけどね。

でも私の事は死ぬほど気に入ってくれてるみたいで、
べったり一緒にいたがります。視界から出た途端に
キッキ!キッキ!と鳴いて私を探しまわります。
なので、ベタベタの手乗りを1羽飼いされたい方には
マメルリハって最適なインコだと思いますよ。

ただ、全く鳥を飼うのが初めてだという方には、
餌の配合がセキセイや文鳥より複雑なのと、
噛み癖のしつけなどに多少のコツや忍耐がいる事、
まじで噛まれたらほんまに血を見るので
小さいお子さん(やお客さん)に注意するなど、
やっぱりメジャーにならないそれなりの理由が
多少ありますね(苦笑)。珍しい色になると
びっくりするような値段しますし。

でも、スーちゃん"超"かわいいです。
うちに来てちょうど1ヶ月。
ずーっと前からいるような、存在感です。
これからもっと、わかりあおうね、スーちゃん!

動くさざ罫

ところで、しーちゃんの下っ腹がまたもや
膨れてきたような気がしてきました。。。

05

仲良しなのはいいんだけどさ…。
夏はゆっくり休みなさいよ、お二人さん。

し「だって、あの人がまた子供欲しいって言うんだもん。」
ガ「俺じゃないっす、俺じゃないっす…」

06

というわけで、急遽テントは撤去しました。
七夕の日なのに申し訳ないですが(笑)、
君たち当分 禁止です!

sazaramona at 01:01│Comments(5) Sly@マメルリハ | Garcia & Sheena

この記事へのコメント

1. Posted by minn   2009年07月08日 01:07
スーちゃん、べた慣れでいいですね〜♪
やっぱり1羽飼いの子は、慣れ方が違いますね。
うちの子達は、私と誰か1羽が遊んでいたら、
やきもち(?)なのか、集団で襲いかかって来ます(;^^)
そして、ちょっとじゃれて去って行く…の繰り返し。
お薬飲ましたりしてるから、最近ちょっと嫌われてる感がありますが、30秒もすればケロッとして飛んできてくれるのが、良く分からない所でもあり、
可愛い所でもありますね♪

我が家のマメは7羽(4色)ですが、団子になると
とてもカラフルで可愛いです♪
不思議と大体の並び順も決まってるみたいです。
Ramonaさんにも是非違うお色を堪能して欲しいです♪
でも、サザナミさんの方が色種が多いかなぁ?

2. Posted by まぁこ   2009年07月08日 09:29
マメのコロコロンとしたフォルムは愛らしいですよね〜
ぷーちんと出会うことがなかったら、
マメ飼いになるはずだったんです〜
(ブリーダーさんところに予約してたし^^;;;;)
サザナミ同様ここ数年で一気に飼主さんが増えたような気がします。
どの鳥にも良し悪しがありますもんねー
悪いところもひっくるめて愛せるかどうかですね!

そして、むっつりエロカップルは隠れて何やってんですかね(爆)
あれだけできなかった卵も、一度産んじゃえば
ぽっこぽこできちゃうものなんですね^^;;;;


3. Posted by Ramona   2009年07月08日 21:46
minnさま
minnさんのところにはマメが7羽もいるんですか?!
あ、そうか、ヒナっぴが3羽生まれたんですよね。イエローの子もいましたね。
個人的にはアルビノがかわいいなぁ、スーちゃんとお似合いかなぁ、なーんて妄想してたりするんですが、マメはやっぱり相性の問題があるし、アルビノはヒナでは雌雄がわからないので実現は難しいですね。

いずれウチで生まれたサザと…交換…なんちゃって(笑)

まぁこさま
マメ、ほんとに「コロンコロン」って感じです!
手のひらでコロコロコロコロできますよ。ぜひ次回来られた時は(ガブリ覚悟で)スーちゃん転がしてやってください!

パロットパラダイスさんが、「今までマニアの間でこっそり楽しむインコだったのに、珍しい色を海外から輸入して安価でどばーっと出してしまったために、近年の価格破壊に繋がってしまった。出し惜しみしとけばよかった〜!」と言っていました(笑)。
サザナミももう数年経てば値段が落ち着くかもしれませんね。でもマメより繁殖率が悪いので、爆発的に人気が出るかはわかりませんね。もっと「スゴイ色」が出てきたらどうなるかわかりませんけど。。。

むっつりカップルは・・・カメレオンの他に、サルの血も入っているのかもしれません(笑)。
4. Posted by れいさん   2009年07月08日 23:06
うちのこらはわたしが大便すると警戒音で教えてくれます。ありがとう。
にじいろのこにも警戒されるのがたのしみ。
生命力つよいよね。儚さ皆無。
5. Posted by Ramona   2009年07月09日 02:33
れいさんさま
ピチュピチュ言ってただけのワポグリコンビも、警戒鳴きとかするようになったんじゃね?!
ほんま、ファロー出たらいいね(うちはアルビノ欲しいんじゃけど・・・)。

うん、マメは小さい生命力の固まりじゃね。
小さいからって「儚い」って感じはないね、確かに。。。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
野生のサザナミインコやっぱりハトが好き