日常が戻りましたらもちゃんとポッちゃん

2009年08月25日

アイリング

サザナミの雌雄判別には「くっきりしたアイリング」が
決め手になるというのが通説だったりなんかしますが、
うちでは全然それをあてにはしておりません。

これだけ真っ白で立派なアイリングのあるブルマちゃんは、
DNA鑑定でメスと判明しております。ぱちくりんこ!

02

その相方、冨士夫君ですが、そんなにくっきりでもないです。

01

ふーちゃんは一応尻尾でオスっぽいと判断しましたが、
一番の決め手になったのは、「ガルちゃんの敵意」でした。
結局、サザナミのオスメスは、同じサザナミに判定して
もらうのが一番確実なのではないでしょうか(笑)。

ところでこのふーちゃんの写真ですが、実はトリミングが
してあります。ちょっと引きで見てみましょう。

05


06

…やっぱりウィルちゃん、面白すぎです。

sazaramona at 01:01│Comments(3) 冨士夫 & ブルマ | Wil子@セキセイ

この記事へのコメント

1. Posted by まぁこ   2009年08月27日 10:28
ブルマちゃん立派な白いアイリングですね〜
アイリングの性別判定は実際どうなのかわからなくなってきましたよ。

先日、ブログに書いたときコメントいただいたところのサザナミちゃんが
年(月)齢とともにアイリングが目立たなくなっていってるようで・・・
毛がのびるんでしょうかねぇ〜(笑)

ウィルちゃん、相変わらずご機嫌ですね〜
2. Posted by ゆとりろ   2009年08月27日 13:53
ウィル先生、参りました!!(爆)
んもぉぉ、ホント、大ファンです\(^o^)/

うちにいたぴっち@セキセイは止まり木とか移動する時
カニのように横歩きしかできなかったんですが
ウィル先生はどうですか?
サザナミ軍団は上手に平均台の上を歩くようにまっすぐ歩くのに
その仔は凄い早さで横歩きで、メチャクチャ面白かったんですよぉ。
3. Posted by Ramona   2009年08月28日 05:03
まぁこさま
年と共にアイリングが目立たなくなってく子がいるんですか?
もしみんなそうなっていくのなら、「世界サザナミ学会」に発表しなきゃいけませんね〜!
うちも定期的に気をつけて見ておこ〜っと。

ウィルちゃん、いつ見てもおかしいです(テンションも)。
セキセイも体に似合わずかなり大きな声を突然出しますね。
キョリキョリ!ギャギャギャギャ!と言うと、サザナミ軍団がびっくりしてシーンと静まり返る事がよくあるんですよ。
鶴の一声ならぬ、「ウィルの一声」と密かに呼んでいます(笑)。

ゆとりろさま
ウィルちゃんは賢くて要領がいいし、誰ともトラブル起こさないのでほとんど放し飼いにしてるんですが、いつ誰の写真を撮ってもどこかに「変顔で」写り込んでるんですよねー(笑)。

そう言われてみたら、ウィルちゃんも横歩き、結構得意かもしれません。
確かに止まり木はカニのように移動してますねぇ〜。
同じ小型インコでも、セキセイ、サザナミ、マメルリハと、みんな足の使い方が違うのが面白いです!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
日常が戻りましたらもちゃんとポッちゃん