サザナミインコについて

2012年07月03日

わかったかもしれない(改)

実は、今朝、33番も、天に召されてしまいました。
昨日の夕方から呼吸がおかしくなってきて、
挿し餌も食べなくなり、今日のお昼前、
口をパクパクさせたたまま息を引き取りました。

これで、残念ですが、しーちゃんの子供の生存率が
50%を切ってしまいました…。

クリームイノは致死遺伝が働くんじゃないか説、
またまた濃厚になりました。っていうか、ほぼ確定だと思うなー。
私の知っている限りでは、一例だけ除いて、
イノの子で全員が一人餌になるまで大きくなった話を聞かないもん…。

↑ コメントで何件もいただきましたので、訂正させてもらいます

アメリカのサザナミ掲示板を拾い読みしてたら、あっちでは
「イノ ✕ イノで致死遺伝が働く」と言われているようです。
理由は、「イノが一番原種(グリーン)から遠いから」。
イノというのは、色変わり(ブルー)の、そのまた変異(色抜け)で、
メンデルの法則で言うと異質な存在(=ヘテロ)なんですね。

…とまぁ、ここまでがネットで調べられる範囲の限界。

しかししーちゃんの相手は2羽ともグリーン系なんだよなぁ…。
羽衣なんかはノーマルとかけることによって回避できるらしいのに…。

とか今日もんもんと考えていて、私、とある法則に気づきました。
※赤目ちゃんは赤字

1番 → 一人餌直前で☆(小柄で活発なメスらしい子だった)
2番 → みゆちゃん(大柄でオスっぽい)
3番 → えりちん(DNA鑑定でオス確定)
4番 → 生後数日で☆
5番 → 生後数日で☆
6番 → 生後数日で☆

7番ノムケン(DNA鑑定でオス確定)
8番 → 挿し餌中に☆(ずっと小柄なままだった)
9番 → 生後数日で☆

27番 → 一人餌直前で☆(小柄で明るいメスっぽい子だった)
28番 → すだち君(超大柄。ほぼ間違いなくオス)

…なんと、健康で大きくなった子は、全員オス(推定含む)で、
亡くなった子は、全員メス(っぽい子)、なのですっ!!
うわ〜、偶然とは、思えないよ〜〜〜。
なんか、意味があるような気がしてしまうよ〜〜〜

これまで圧死とか誤嚥とかを死因として無理やり考えてましたが、
どうしても原因がわからない、「怪死」が多かったのも、
まさか「メスだったから」で解決するわけ?!

だから、今、致死率が6割ぐらい、ってとこなんでしょう。
予感ですが、このまま巣引きを続けても、
50%前後をウロウロするんじゃないかなーという気がします。

ただ、これはしーちゃんの場合なだけかもしれません。
イノから生まれたメスの子(黒目赤目問わず)で、
長生きしている子がいたら教えてください。
同腹の内、一羽の落鳥もなかったという例も知りたいです。
イノで巣引きしてる人のデータが多く集めたいです。
適当な情報は流せないので…。

でもなんか気付いちゃいけない事に気付いちゃった気がするよ。
これからしーちゃんの巣引きは続けるべきなんだろうか。
誰か、偶然だよ、と言ってください…(泣)

動くさざ罫

「考え事してたり、挿し餌してたり、
らもちゃんだけを見てないから腹立つ!」ガブッ!

ramochan

換羽中もあって、やたらガブガブしてくるらもちゃん
この写真も、携帯に怒って噛み付いてきたところです。

全然関係ないけど、スーちゃんの首には羽根が生えていません。

suchan

この2羽からは、挿し餌が見えないようにやってます。


sazaramona at 01:00|PermalinkComments(17)

2012年05月27日

エリート君バイバーイ

岐阜からわざわざ26番エリート君の里親さんが来てくださいました〜!
差し入れ、大歓迎ですっ(笑)!ありがとうございます!

01

エリート君はダークグリーンなので、3分の2の確率で男の子。
体格(体型)と尾羽根の色からすると、男の子と見て間違いないと思います。

そして男の子の場合、

50% ダークグリーン(イノ+ブルースプリット)
50% ダークグリーン(ブルースプリット)

なのですが、他にもたくさんサザナミを飼ってらっしゃる里親さん、
エリート君を一目見るなり

「これはイノとブルーのダブルスプリットですね。」

と。
その根拠は如何に?!と聞きましたところ、

「ダークなのに、爪は色が抜けてて黒じゃないから。」

03

なーるーほーどー!
エリート君の父、ふーちゃんも、ダークなのに爪は黒くないんですよ。
なんでふーちゃんの爪は黒くないのか、以前から不思議に思ってました。
その説はすごく腑に落ちるなー。世界サザナミ学会に発表しよう。

エ「ボクのいいなじゅけはダーク因子を持ったクリームイノちゃんなんだって。
だからボクらは8色産み分けできる、ちゅごーいペアになるんでちゅよ。」

02

わー、それは楽しみだなー。
エリート君、父ふーちゃんを見習って、絶倫男 立派な旦那さんになるんだよ!

でもあまりにも人懐っこいエリート君、
手乗りとしてもかわいいからもうそれだけで充分ですと言ってもらえました。
幸せな未来が約束されているのがわかってとても嬉しかったです。

里親さんとエリート君を広島駅のホームで見送って、
帰った後の放鳥で・・・

「え?!マジで?!あの子いなくなったの?!」

04

らもちゃん、超うれしーーーーー。」

05

なんともわかりやすい、らもちゃんなのでした。


sazaramona at 01:00|PermalinkComments(5)

2012年05月04日

一人餌切り替え

今日、25番(ブルー)の里親さんがお迎えに来られました。
サザナミのヒナをずっと探してたんだって。嬉しいじゃないですか。
同じ市内の方。初対面でも動物好きの優しそうな人柄が一目でわかる、
すてきな方でよかったぁ〜〜〜〜〜。
どうか25番を末永くかわいがってやってくださいね!
よろしくお願いいたします!

動くさざ罫

さて、一人餌の練習を始めました。
粟穂とペレットを足元に撒いています。
どの子ももう口の中でコロコロさせています。

ちなみに、巣上げしてからは、
ケイティのイグザクトを与えています。

p-414670-v

目が開いていないほど小さいヒナには
ラウディブッシュのフォーミュラ3をスポイトで与えますが、
スプーンで食べられるくらいの大きさまで育ったら、
粒子の荒いイグザクトでも大丈夫です。

ペレット食に仕上げたい場合は、ふやかしペレットも
小さなココット皿みたいなやつ(100均にあるよ)に
入れておくといいと思います。
でも夏場はやめときましょう。代わりにペレットを砕いて
ばらまいておくといいんじゃないでしょうか。
シードの場合はセキセイ用の餌を撒いておきましょう。
挿し餌が1日2回ぐらいになってきたら、水も入れときます。
一人餌への切り替えは、早い子で生後40〜45日、
ダラダラ長引く子は3,4ヶ月かかります。

サザナミは水っぽい餌を好む体をしているので、
挿し餌が長引くことによるそのう炎は
他のインコほど気にする必要はないんじゃないかと思います。

里親さんにお渡しした後、兄弟たちから離れると
挿し餌の回数が増えたという報告を今回「も」受けています
これっていわゆる「赤ちゃん返り」ですかね…。
ご面倒をおかけしますが、たっぷり甘えさせてやってください。
飛べるようになってくると、自然に一人餌へ移行できると思います。

羽ばたきが頻繁になってきたら、ケージデビューです。
手のりとして育てるならそんなに大きなケージじゃなくてもOK。
サザナミの場合は大きさより中身の配置のほうが重要かな?
最初は底網を取って、止まり木も低い位置に設置してください。
壁をよじ登ったりできるようになったら
大人と同じ配置にして大丈夫だと思います。
止まり木などの配置は、ごちゃごちゃしてるほうが喜びますよ。
かじり木コーンなどを天井近くに設置して狭っ苦しい箇所を作ったり、
はしごやブランコをかけたりと、色々工夫してみてください。
テントも最初から入れておくと、すんなり入ってくれると思います。

オススメテント屋さん
 とりこや
 ことりのひととき

オススメおもちゃ屋さん
 ぴろりふぁ〜む
 とりまに

動くさざ罫

今日から22、24、26、27、28番もプラケを卒業して、
爬虫類水槽にお引越しさせました。
止まり木を底から4,5センチの高さに設置(まだ誰も登頂してないけど)。
なぜうちではケージでなく水槽にするのかというと、
これだけ数がいると全員が羽ばたき練習した時に
筆毛のほぐれた脂粉がハンパなく舞うからです。ゲホゲホ
12日にまたお渡しがあるので、それまで水槽に入っててもらいます。

動くさざ罫

里親さん向けに、一人餌切り替えまでのステップを紹介してみました。
一人餌切り替えまでの時期は、急速に大人の階段を駆け登るので、
勝手気ままに前後を考えず行動するヒナに面食らい、
親としてはオタオタしたり心配に思うことも多々あると思います。
成長の度合いを見ながら焦らず環境を整えてやってください。
この時期にいっぱい構ってやると、人間大好きに育つと思います。
上手に飛べるようになって家の間取りも覚えてきたら、
ちゃんと人のところに戻ってきますよ。

生後4ヶ月目ぐらいから、プチ反抗期が始まる子もいるのですが、
その対処法はまたいつか別記しますね。

今日は、写真ナシで失礼しました〜。

sazaramona at 01:00|PermalinkComments(0)

2010年10月19日

朝イチのUNP

「朝イチのUNPが緑色なのですが、病気でしょうか?」
というご質問をいただきましたので、
私の個人的見解を書かせていただきたいと思います。
(※あくまでも私の意見ですので、ほんとに調子悪そうだったら
きちんと鳥の診れる動物病院で診察を受けてくださいね。)

これは今朝のらもちゃんの朝2のUNPです。
(朝イチはゴミ箱に投下させたので写真が撮れませんでした)

01

はい、きれいな緑色ですね。
ではブルマちゃんの朝イチのUNPを見てみましょう。

02

わちゃー!かわいい顔してなかなかやるね、ブルマちゃん
しかしやっぱり緑色。
もう一羽、ポッちゃんのUNPも見てみましょう。

03

う〜ん、ナイスなお抹茶色〜ん。
しかも、ゼリー状、いかにも朝イチですね。

と、ここまで見ていただいておわかりかと思いますが・・・

サザナミインコの朝イチのUNPは、
緑色でも別におかしくありません
(多分)」。

むしろ、肝臓が正常に機能している証拠だと私は思っています。

鳥の体は、飛ぶために(体を軽くするために)、
食べ続けてUNPし続けなければいけないシステムになっています。
したがって、食べていなければ、自動的に、
消化するものがないので胆汁の色(緑)が目立ってしまいます。
この場合の絶食というのは「夜の寝ている間」の事です。
12時間食べてないのだから、朝は胆汁しか出ないのです。

ではなぜ液体だけではなく身も一緒に出てきているのか。
それは、サザナミの特殊な体の構造にあります。
くるみママさんの行きつけの病院の先生がおっしゃっていた
そうですが、サザナミのUNPを溜める袋というのは、
他の鳥の何十倍も大きいんだそうです。
なので、朝出てきている身の部分は、夜寝る前に食べたものだと
思われます(だから朝1は特に発酵臭がキツイのね〜)。

他の鳥は夜寝ている間も排泄し続けますが
(だからケージ内の同じ場所にUNPが溜まりがちですよね)、
サザナミは寝ている間にほとんどUNPをしません。
なので、サザナミの朝イチのUNPというのは、
「夜寝る前に食べたもの」と「夜寝てる間に出た胆汁」が
ミックスされた状態なんですね。
それで「緑色のUNP」になっちゃってる、とい・う・わ・け。

それが証拠に、日中のUNPは緑色ではありません。
緑のUNPが続くようなら腸や肝臓などの病気かもしれませんので
すみやかに病院に行って診察を受けてください。


…と、長々書きましたが、朝イチの緑のUNP(と、その量)には、
ただ慣れるしかないですね〜。
私はもう、多少のUNPでは驚かなくなりましたよ〜。
顔に垂れてきたって、壁に付いてたって、笑顔笑顔〜(笑)。

サザナミは、これまで飼ってきたセキセイや文鳥の常識を
覆されちゃうような事や、今まで持ってた古い飼育本では
対応しきれないような事が、多々起こりますね。
今回こういう見解に至ったのも、消化時間がなんと3時間という
フェレットを飼っていたからこそ思いついたことで、
鳥だけ飼っていたのだったらやっぱり心配していたと思います。

あ、今日の記事、全然鳥の写真がないのもなんですね。
秋になってさらに密着度UPのらもちゃんスーちゃんをペタリ。

写真

どんなUNPしても、みんなとってもかわいいよ〜。

sazaramona at 01:01|PermalinkComments(12)

2010年05月07日

尾羽根の形

ゆとりろさんからのリクエストがあったので、早速
萌さんとつーちゃんの尾羽根の写真を撮ってみました。
黄色い横線は、「覆尾羽」の位置合わせのための目安の線です。

shippo

左:萌さん(推定オス)、右:つーちゃん(推定メス)。

これが、私の思う(あくまでも、私の、って事でお願いします
オスとメスの尾羽根の「形」の違いです。
オスは、先が尖った感じで、長め。
メスは、平べったい感じで、短め。

ですが、これって、そんなにあてにならないかも。
なぜならガルちゃん(オス)のはつーちゃんの形にそっくりだし、
大人になるとメスも閉じてる時は尖って見えますからねぇ。

あと、尾羽根の「色」ですが、真ん中の2枚が
真っ黒黒なら高い確率でオス、と言えると思いますが、
メスの場合は例外が多すぎて(色の幅が広すぎて)、
色を頼りにメスを言い当てるのは難しいと思います。

つーちゃんがメスっぽいと思っているのは、
尾羽根の形だけじゃなくて、鳴き方とか動きとか
ニギニギ感とか雰囲気とか、そういうのを総合して
なんとなくメスっぽい気がする、と思ってるわけでして、
決して尾羽根の形だけで判断してるわけではありません。
そのへん誤解のないようお願いします。

…と、色々書き連ねましたが、はっきり言ってワタクシは
シーガル夫妻からヒナが生まれるまで2羽ともメスかも?と
疑っていましたし、ブルマちゃんも結局DNA鑑定に頼ったし、
ノムケンちゃんも間違ってお渡ししている始末ですから…、
前科3犯の私が言う事なんてなんのあてにもなりませんね

一番確実なのは、やっぱりDNA鑑定だと思います!
あはは、結局どーでもいい記事になっちゃいました。スミマセン!

sazaramona at 01:01|PermalinkComments(14)

2010年05月06日

タレ目とツリ目

朝の放鳥時、若奥様たちがギャーギャー言いながら
びゅんびゅんびゅんびゅん飛び回っている隅で、
おっさん新米パパ二人が(小さくなって)一緒にいました。

左:ふーちゃん、右:ハッちゃん

01

「いやはや、女は怖いのぅ」とでも話しているのでしょうか。

サザナミを飼う前、「オスとメスで余り性格が違わない鳥種」と
読んだり聞いたりしていましたが、実際飼ってみると、
うちは全体的にメスがみんなイケイケで活発、気も強く、
オスは全員おとなしいです(ただし、興奮時と発情期以外)。
飼いやすいのはオスだけど、面白いのはメス、かな〜。
あ、もちろんよその子に例外はいますよ。絶対的ではないです。

動くさざ罫

食べるか寝るか、だけの生活から、かじったり羽ばたいたり
走ったり潜ったりして運動する時間も増えてきたヒナたち。

と〜っても人懐っこい、タレ目の12番萌さん。
今日、初フライトしました。・・・ろ、60センチぐらい

02

自由奔放天然不思議っ子、ツリ目の14番つーちゃん。
超、落ち着きないです(笑)。さすがミニ・ブルマちゃん。

03

2羽は兄弟ですが、特に仲良くありません(笑)。
挿し餌の時以外は全く別行動です。
ま、もう保温のためにくっつく必要もないですからね。

04

萌さんは尾羽根の真ん中の2本が真っ黒なので、
とりあえず男の子決定だと思います。
つーちゃんは尾羽根が扇形なので、女の子かも。
体も小さいし、メスには容赦ないスーちゃん(♀)に
早速敵意むき出しで攻撃されてたし・・・(苦笑)。
つーちゃんがメス確定なら、あやめんさん(旧れいさん)ち
お嫁入り予定。
これからの成長が、楽しみだー!

sazaramona at 01:01|PermalinkComments(7)

2010年05月01日

かわいすぎてスミマセン

12番もえちゃん、14番つーちゃん。
夜の挿し餌後。



人間大好きに育ってくれてます!
嬉しい!!!

動くさざ罫

ちょっと覚え書き〜。
遺伝の基本情報。「こんぱ◯鳥本2」参照。

A:常染色体優性遺伝
B:常染色体劣性遺伝
C:性染色体劣性遺伝

グリーン=A
ダークグリーン=A+1ダーク因子
オリーブ=A+2ダーク因子
ターコイス=B
コバルト=B+1ダーク因子
モーブ=B+オリーブ(A+2ダーク因子)
ルチノー=C
クリームイノ=B+C


…ってとこまではうすらぼんやりわかるんだけど、
実際問題となるとわけわかめ。

また、「?!?!」なペアが、ビッダーズに出てたよ。
↓ ↓ ↓
六色が生まれる繁殖用ペア


iro


ワタクシ的には「この6色がそれぞれどれくらいの確率で
出るのか」も知りたいとこですね(同じ割合では出ないハズ)。

ん〜、奥が深いなぁ。
ゆっくり時間を取って、ちゃんと勉強したいよーーー

sazaramona at 01:01|PermalinkComments(6)

2010年03月22日

危険な遊び

「底網ガッシャンガッシャン」に飽きたウィル先生
新たに開発した、次なる遊びは・・・

「ハシゴのすき間、ジタバタくぐり」

03

この数日、こればっかりやってます。。。
鏡付きブランコを少し改造して鏡部分を固定してるんですが、
ハシゴは付け根を支点として上下にパタパタ動くんですよ。
この遊びをすると、結構「ガターン!ガターン!」って
音と振動が響くんですね。
最初それを聞いて事故かと焦って駆けつけたのですが、
その後何度も何度もやってるとこを目撃したので、
どうやら楽しんでわざとやってる事が判明
1段目と2段目、2段目と3段目のすき間は広く、
グネグネもがきながらじゃなくても余裕で通れるんですが、
どうやら「あえて」3段目と付け根の「一番狭いすき間」に
ハマるのが楽しいご様子・・・。
肩と翼だけ出して、温泉に浸かっている人みたいな状態で
休んだりしてるとこも見てしまったんですが、
無理に出ようとして骨折れたら怖いし、やめてよーーー!

よっぽど隣のケージが覗けなくなった事で
ヒマになったんでしょうねぇ。今まで1年間、全くこんな
クリエイティブな遊びはしたことなかったんですよ。
ホントに事故になったら怖いから、
早く次のマイブームを見つけてほしいと思います。

動くさざ罫

ところで昨日、なにげなくビッダーズオークションを
見ていたのですが、サザナミのペアが出品されてまして。

サザナミインコ コバルトが生まれる繁殖用ペア
(24500円で終了してるようです)

モーブ♂とブルー♀のペアなんですが、出品者の方は
「コバルトしか出ません」と言い切ってるんですよねー。
それだけでも???なのに、その両親の情報を読むと、
その家系図は、さらに奇々怪々の摩訶不思議。
要するに、図にすると、
iro
てことですよね。

えええええ〜?????わけわかんな〜い!!!!!
遺伝って、なんなんだぁ〜〜〜。
2代さかのぼったぐらいじゃあ、方程式は書けませんね。
いや、でも方程式があるから、この出品者の方は
「コバルトしか出ません」っていう答えを出してんだろうし…。

ん〜、難しい。。。
この祖父母と両親を見て、これこれこういう理論で
コバルトしか出ないんですよ。って説明してくれる人、
どなたかいらっしゃいませんか?
どうか教えていただきたいでーす。m(._.)m

sazaramona at 01:01|PermalinkComments(7)

2009年10月20日

打ち止め…かな?

どうやらしーちゃんの産卵、打ち止めのようです。
15日の朝に5個目を確認して以来、増えていません。
ほぼ24時間、ぐっすり寝る事はなく、1、2時間ごとに
コロコロと卵の向きを動かしている音がします。
ガルちゃんに吐き戻しをねだる甘えた声もよく聞こえます。

巣引きとは、OTTOさんちのブルマちゃんの両親のように、
1回目0羽、2回目2羽、3回目6羽…、と、
だんだん上手になって「増えていくもの」だとばかり
思っていました。でもシーガル夫妻のように、
「減らして上手になる」「上手に減らしていく」という
逆パターンもあるんですね〜。これはかなり驚きです。

経験値が上がったからなのももちろんでしょうけど、
今回「シーガル夫妻のケージの両隣には
他の子のケージを置いていない」、というのも
勝因(まだ孵ってないけど)なんじゃないかと思います。
前回むやみやたらと生み散らかした(笑)のは、
隣にふーちゃん&ブルマちゃんがいたから
「ヤバイ!とにかく生き残る数を増やそう!」と
興奮し過ぎた結果なんじゃないかという気がしています
(ほら、サザナミって、慌てん坊だし・笑)。
しーちゃんもですが、とにかく今回はガルちゃんが
とても冷静。前回みたく「常に警戒状態」じゃないんです。
脇目もふらずただもくもくとしーちゃんに餌を運び、
二人でウフフ、とゆっくり巣箱に入ってる時間も長い。

落ち着ける環境さえあれば、必要最低限の数だけ生んで、
じっくり着実に育てることができるんじゃないかな?
まぁ、まだ何個孵るかもわかんない状態なので
確実な理論には程遠いですけど。
でもゆ〜っくり抱卵に集中できてるしーちゃんと、
落ち着いた顔して構えているガルちゃんを見ていると、
やっぱり前回は少し異常だったんじゃないかな?と
思い始めています。環境、結構大事なことじゃないかと。
ま、当たり前といえば当たり前の「大前提」なんですが。

しーちゃん、ブルマちゃん、ポッちゃん、と、
うちのメスたちはとても我が強く、
「自分(たち)のテリトリー」を必死で守ります。
私は「野生のサザナミは『群れ』説」を信じていません。
普段は「絶対」ペアで行動している、と断言したっていい。
冬の終わりから春にかけて、オスたちが鳴き合って
一時期大変だったのですが、それぞれのケージの間に
ウィルちゃんやスーちゃんという別の種類を挟む事で、
この秋は絶叫大会を回避する事ができました。
隣同士にならないように、シーガルとハッチポッチも
ケージを縦に積み重ねているので、お互いの存在を
ほとんど知りません。多分そのおかげで今回
しーちゃんは他の子の事を気にする事なく、
巣箱設置から1番目の卵の産卵までが
短時間で済んだんだと思います。

ほとんどを憶測で書いてますが、でも、確実に
ペアが入ってるケージを隣同士に置かないほうが、
置いてるよりは絶対いい、と思います。
声の大きさに個体差はありますが、2ペア以上いて、
「サザナミっておとなしいって聞いてたのに」と
意外と絶叫や落ち着きのなさに悩んでいる方、結構
多いと思います。ケージを少し離して配置するだけで、
かなり改善されると思いますよ。その代わり
部屋のレイアウトが散漫になりますけどね(泣笑)。
でも本人(本鳥)たちにそのほうがいいのなら仕方ない。

やっとうちの3ペア+らもちゃん、の雰囲気が、
「全体的に落ち着いてきたなぁ」と実感できてきたので、
なにがよかったのか、思いつくまま書いてみました。
そういう意味で、セキセイのウィルちゃんや
マメルリハのスーちゃんの功績も非常に大きいな〜!
すごくいい緩衝材(?)になってくれてる気がする。
たまたま縁あってうちに来て、サザナミの習性/特性を
引き立ててくれたから、感謝の気持ちでいっぱい。
サザナミも癒し系だとは思うんだけど、複雑で
素直じゃない気持ちの裏を読み取るのが面倒臭かったり、
何しろ全てが初めてなので、世話が神経質になったり、
飛び散ったUNPを目の前にどうしたらいいんだろ…と
立ち尽くしたりしている時に(笑)、そのスキマを
チョコチョコチョコチョコ、ニコニコ動き回ってくれる、
すっとぼけたウィル先生と、空気の読めないスーちゃんは、
とっても和む、最高の癒しの存在なのよね〜。
ナプキンで言うなら、安心の、二層構造。
ひげ剃りで言うなら、安心の、二枚刃。
この2羽がいるから、サザナミを安心してみれてる
気がする。やっぱ、インコの基本はセキセイやね。

とりあえず、今はシーガル夫妻の卵たちが孵るのを
待つだけだ〜。人事尽くして天命を待つ。
ノムケン孵化予定日まで、あと一週間!!!!!

sazaramona at 01:01|PermalinkComments(9)

2009年10月12日

サザナミ爆弾

順調、順調!
4タマちゃんになっていました!イエイ!

01

しかしまだ巣箱の中で二人は「ウフフ、ウフフ」ってゴソゴソ
してるんですよね・・・(もういいよ)。

夜中もきちんとタマゴのローテーションをしているらしく、
コツコツ、コツコツ、1、2時間ごとに音が聞こえます。
マメじゃないけど、マメですね。

mame1mame1mame1mame1mame1mame1mame1mame1mame1mame1

マメの繁殖もしてらっしゃるというminnさんが、
この前の記事のコメントで、「サザのUNPってどれくらい
大きいの?」と書かれていたので、「一番小さい」らもちゃんを
例に、写真を撮ってみました。他の子のは、もっとスゴイです。
大きさもですが、ユルさもサザならではですね。

まず、朝の一発目。
160cmぐらいの高さから投下されました。
(写真クリックで拡大します)

02

しかも、これは途中で障害物に当たって落下したので、
量的には7割ぐらいでしょうか。。。
朝は前日から溜めたものも一緒に出るので、
緑の部分があったり非常に水っぽかったりします。

ちなみにふーちゃんとブルマちゃんのUNPは、
パーティ料理に欠かせない「パテ」によく似ています…。

そして、放鳥時など、普段のらもちゃんのUNPは
こんな感じ。プリプリっとしています。
(ちなみに私は特に爪や指が小さいほうではありません)

03

今では見慣れてしまいましたが、ウィルちゃんを引き取った日、
余りのUNPの小ささと形の良さに、衝撃を受けました。
サザを飼っていると、段々感覚がおかしくなっていきますね。

マメのスーちゃんは、こんな感じ。

05

この写真のように、最近ちょっと水っぽい事があるので
気になっているのですが、ペレットを水に浸けて食べ始めたので
そのせいかも?と思っています(多分…)。

ス「スーちゃんはUNPもかわいいでチュピ!」

04

でも拭き取ろうとしたティッシュに猛攻撃かけるのは
やめてください(笑)。そこはサザ軍団を見習ってネ!

sazaramona at 01:01|PermalinkComments(15)

2009年08月13日

粗食

最近ちょっと思うところがありまして、実験的に
シーガル夫妻の食生活を少し「粗食」にしてみています。
シードもペレットもセキセイ用の割合を増やし、
エッグフードは切って、各種ふりかけ(サプリ)も減量。
とりあえず夏はこのまま様子をみたいと思っています。

まだまだよくわかっていないサザナミインコですが、
ちまたに流れている情報が最近どうも素直に
受け入れられないのです。
「静かで飼いやすい」とか「寒さに強く暑さに弱い」とか、
はっきり言って「根拠のない誤情報」もいいとこですし、
実際飼っていると裏切られる事が多すぎるんですよね〜。

そこで「サザナミはシード食じゃない」と言っている
鳥専門の獣医さん達に反抗してみたくなったというか…。
どーもペレット信仰には業界のウラのカラミが色々と
ありそうで、100%信頼できんのんですよね〜(笑)。
飼育本や雑誌より、やっぱり自分の勘を信じたい。
これは昔フェレット飼育を模索した経験から学んだ事です。

そこで長くサザナミのブリーディングをしている方たちの
多少荒っぽい飼い方も少し取り入れてみようかと思い、
運動量が少なく、繁殖のために四季のメリハリをつけたい
シーガル夫妻には、夏は粗食で充分かと思い至ったわけ…。

ただ、そのブレンドをどうするか、が今後の課題。
外国のブリーダーのサイトなども調べてますので
研究結果はまたそのうち〜。

動くさざ罫

各地で地震が続いているようですね。
皆さんの鳥さんたちは大丈夫でしたか?

大地震の時、さてこの大所帯、どうするか。
これも、課題です。。。
たまに全員雑居させて、慣らしておくべきかしらん。
何をどれくらい持って出ればいいのか、
いざという時のために避難訓練しとかなきゃなぁ。

ramo

写真は、全然関係ないけど4月の終わりに
るみさんがデジイチで撮ってくれたお蔵出し。
飼い主の悩みなんて、どうでもいい顔してますね。
らもちゃん、あんたが一番手がかかってるんですよ…。

ら「らもちゃんは、雑居も嫌だし粗食も嫌だよ。」

そうだねぇ。らもちゃんは避難所生活になるとすれば…、
ウィルちゃんと同居、かな。。。


sazaramona at 01:01|PermalinkComments(12)

2009年07月14日

ペリコ

いや〜、すみません。何かと忙しく。。。
おまけにポッちゃんも放鳥するようになってからというもの
毎日すごくにぎやかで、誰かが常に私を占領している上に
誰かがどこかでギャーギャー言っていて、
カメラを構える隙がないのです。

ら「うそつき!ネットの画像でごまかしてるけど…」

01

・・・デジカメのネジが1本どっかに行ってしまいまして。
ちゃんとホールドしないと中身が出てくるんですよね(笑)。

というわけで、今日もネットの画像で失礼します。
まとめお返事のようになってすみません。
(あ、ちゃい蔵さん、メール届いてます!ごめんなさい!)

動くさざ罫

スペイン語で「Perico barrado」か「Perico listado」と
書きましたが、調べていると、どうやら地域によって
呼び方が違う事が判明しました。

コスタリカでは「Periquito listado」「Perico listado」、
ホンジュラスでは「Perico rayado」、
スペインでは「Perico barrado」「Periquito barrado」
「Cotorra barrada」、
アルゼンチンでは「Cotorra rayada」「Cotorra lineolada」
「Cotorra catherine」、
ニカラグアでは「Periquito de altura」、
ブラジルでは「Katarina」「Casal de Catarina」、
エクアドルでは「Perico barreteado」、
メキシコでは「Perico catarina」「Perico barrado」
「Periquito serrano」「Cotorrilla en Chiapas」「Lorito」、
その他の地域で「Catita Manchada」「Catita Barrada」、
とも呼ばれているようです。
それだけ生息地に密着している鳥という事なのか、
適当でどうでもいい「ああ、あの縞々インコね」という
扱いだからこうなのか・・・(後者の説が濃厚そう)。
結果から言うと、どれで調べても大した画像は
出てきませんでした。さすが南米(笑)。いい加減。

それより、まぁこさんがコメントでくださった
「サッカーチームの『ペリコ』というキャラクター」が
気になり、そっちの画像を探してみました。

リーガ・エスパニョーラのマスコットキャラクター
ペリコたん、です・・・・・

perico1

わ、笑い死ぬかと思いました。か、かわいくない。。。
すごいです、ペリコたん。リアルすぎです。

他にも南米のサッカーチームにもいました。
もう一人の、ペリコたん・・・・・

perico2

カープのスライリーも当初はひどいと思いましたが、
こ、これはムキムキでキモい。子供が泣きますよ。
モデルがサザナミインコじゃないことを切に願います。

南米、おそるべし。。。

sazaramona at 01:01|PermalinkComments(6)

2009年07月13日

野生のサザナミ…

私もしつこいですが(笑)、野生のサザナミの存在が
やっぱりど〜〜〜してもまだ信じられないので、
しつこく南米のサイトを巡って野生の生態について調査中です。
そんな中、「図鑑に載ってるサザナミの絵」が、どれもみな
「あまりにかわいくない」のがおかしくて、転載してみる
ことにしました。この悪意ある描き方って、やっぱり害鳥?!

これはまだかわいいほうですね。頭やたら小さいけど…。

sazanami3

だからと言って、頭が大きければいいというものでは…。

sazanami1

まともかな?と思ったのがこれ。しかしブサイクです。

sazanami2

近種を集めて描いてあった図がこちら。サザナミは3番。
やっぱり現地でも猫背がトレードマークなんですね(笑)。

sazanami4

しかし、「こ、これはないじゃろ…」と思ったのがコレ。

pajaro46

ひどい、ひどすぎます(笑)。エサ、しっかり食べて!
シマシマはこれでもかというほど合ってるんだけど、
尻尾そんなに長くないし…。指、全部ちぎれとるし…。

まぁこういうのを見てわかってきた事、というのは
「現地では大した事のない鳥」という事ですかね(笑)。
なんか、どうでもいい鳥なんでしょうね。
鳴き声が特徴あるわけでもなく、色も地味な保護色で、
のそのそぼやぼや適当にその辺にゴロゴロといる、
珍しくない鳥だから、この程度の扱いなのかもしれません。

動くさざ罫

そして、やっともう一枚見つけた野生のサザナミの写真。
初めての、「1羽じゃないっぽい写真」です。

wild

またもや食べてるのがカナリーシードみたいなやつですね(笑)。
こればっかり食ってんのか。果物や虫を食べるって、誰がいつ
ほんとに見たんだろ。とうもろこし畑を荒らすってのも、
嘘っぽい気が…。寿命だって適当に言ってるだけじゃないの?!

ちなみに、これらの画像は現地のスペイン語
Perico barrado、や、Perico listado、で検索しました。
スパニッシュでインコは「ペリコ」って言うんですね。
英語のパロットもかわいいですが、ペリコもいい響き。

ヨーロッパで飼い鳥として品種改良され始めてからの
情報のほうが、よっぽど面白くて為になるかもしれません。
次回からは、そっちをきちんと読んでいこうと思います。

野生のサザナミについて調べるのは、あきらめました(笑)!


sazaramona at 01:01|PermalinkComments(10)

2009年07月06日

野生のサザナミインコ

「こんな鈍臭くてホントに野生のサザナミは存在するのか」

と、1年間ネットをさまよい、野生のサザナミインコの
画像や文献をヒマさえあれば探し続けているのですが…。

どうやら「いるのはいる」らしく、存在自体は
うそではないみたいです。いないわけではない、みたいな。

南米のバードウォッチングツアーや、現地の不動産情報に、
こんな鳥「も」目撃できない事はないですよ、という
程度の扱いをされてるだけですね。

したがって、画像がまずほとんどない。
バードウォッチングをする人の気をそそらない、
魅力のない地味〜な「害鳥」なんだろうなー。

だって、最初に見つけた写真がコレだもん・・・

wild1

ご、極悪顔。。。
足輪付けてるっぽいし、うそっぽいなぁ。

その後一応野生っぽいのをもう1枚だけ発見しました。
もうどうやってどんなページから拾ってきたのかも
ひもとけないくらいサーフしまくって見つけた1枚です。
食べてるのはカナリーシードでしょうか。

wild2

しかし、上の写真も下の写真も「おひとりさま」ですよね。
20〜100羽の群れっていうのはホントなんだろうか?!

うちの子たち見てたら絶対団体行動なんてできないですよ。
特に、一度ペアになってしまったら他の子受け付けないし、
一つのケージに複数詰め込めば、しばらくすると
小競り合い…。繁殖期に鳴き合って集まるっていうのは
本当かもしれませんが、基本はペアなんじゃないかなぁ。

現地の大学で研究してる人もあまりいないみたいだし、
ヨーロッパの文献も1995年ぐらいからの比較的新しいもの
ばかりで、本当によく生態のわかってない鳥のようですね。

せっかく世界に配信されてるインターネットなので、
この地図の朱色の部分に住まれている方がもしご覧に
なっておられましたら、「こんなもん食ってたよ」とか
「夏になるといなくなるよ」とか、現地情報をぜひ下さい。

map-1

やっぱり野生の食生活や住環境を考慮して、
環境を整えてあげたいので(気圧変えたりはできんけど…)、
知っておける事は知っておきたいな、なんて思います。

将来的にコスタリカへの移住を漠然と考えてたりなんか
してたりなんかしてるってのもあるんですけど、ね。
元々サザナミインコを飼おうと思ったのも、
コスタリカ好きが嵩じた結果、だったんですよ。
家でコスタリカ気分が味わえたらいいな、みたいな。

現地で本物のサザナミインコ、見たいなぁ〜。
ガルちゃんがいっぱい…想像しただけで、笑えてきます。

ガ「…なんか、言いました?」

gar

sazaramona at 01:01|PermalinkComments(11)

2009年06月19日

住環境

うちの子たちの住環境ですが。
無計画に増やしたため、
見た目バラバラで嫌なんですけど…。

らもちゃんのケージは「ferplastのレコルド1」。
35×24×37cmと、激狭です(笑)。

cage3

それに比べてシーガル夫妻のケージは
「マルカンのバードパレスキング」、で、
47.5×47.5×57cmと、やんなる位デカイです。

cage1

ま、これは荒カップルだから広々運動できる
サイズにしようと思ったのと、巣箱を入れる事を
考えていたから、です。
中はこんな感じ。

kankyo2

巣箱入れてない時のこのケージってほんとにデカイので、
半分本気で「下半分のスペースで、姫ウズラでも
飼えるんじゃないか?」などと考えたりしてます(笑)。
ちなみにテントはとりこやさんのLLサイズ(特大)で、
おもちゃはぴろりふぁ〜むさんのツインボールSです。

次にふーちゃんとブルマちゃんのケージですが、
れいさんにもらったなおちゃんのおさがり、
「HOEIの35角」、37x41.5x44.2cm、です。

cage2

このサイズ、サザナミ2羽にちょうどいいと
思います。広すぎず、狭すぎず。

11

このテントもとりこやさんのLLサイズで、
かじり木コーンはMサイズで、
おもちゃはぴろりふぁ〜むさんのレイレイです。

巣箱入れたら狭くなりそうな予感もするんですが、
まぁふーちゃん&ブルマちゃんには「特設プレイジム」が
ありますので、そこで発散してくれればよいです。

12

らもちゃんは、ケージから出てる時間が長いので、
小さなケージで問題ないと思います(本人に直接
聞いたわけじゃないけど…笑)。

あとは病院行ったりする時用にキャリーを持ってます。
こんなやつ

carry2

と、こんなやつ。

carry1

あ、住環境とは関係ありませんでしたね。
では「その他グッズ」についてはまた今度。

sazaramona at 01:01|PermalinkComments(2)

2009年06月18日

食べ物について2

食べ物について、皆さんのご意見、すごく為になりました!

乳酸菌を与えている方、やっぱり多いのですね。
乳酸菌について書くの忘れてました。
前回ペレットを注文する時一緒に頼んだのですが、
先になくなっちゃって切らしていました。。。

乳酸菌って、整腸剤になるだけでなく、
以前テレビで鳥インフルエンザが出た時に
養鶏場のおじさんが「予防のために餌に乳酸菌を入れ、
禽舎にも霧を散布している」と言っていたので、
病気を予防する効果もあるのかもです。

・メディマル「プロバイオティック」
・バードベネバックパウダー
・ベタファーム「プロボティック」

の3種が手に入るようですね。
次の注文の時にはでかいのを頼んでみよっと。。。

動くさざ罫

あと、副食で、以前まぁこさんにいただいた
ハーブサラダ。これ、ウィルちゃん@セキセイと
スーちゃん@マメルリハに大好評です。

herb

うちのサザナミ軍団にはちょっと固いみたいですが、
飼い主にとって消臭効果、アロマ効果もあり(笑)、
これをガサガサつついてる2羽を見るのは嬉しいです。

動くさざ罫

そして、食べ物ではないのですが、飼い方マニュアル
つながりで、今日は爪切りの事を書きます。

伸びたまま放置していたため、事故になってしまった
らもちゃんの爪
ですが、今日、自分で切りました。
その時大活躍したのが、低温殺菌牛乳っちさんが
オススメされていた、「ニッパー」!

nipper

今まで使ったどの爪切りやハサミより、断然
使いやすく、確実、簡単でした!
私もこれ、オススメです!

動くさざ罫

そして、今日の「ギャング団」、ふーちゃんと
ブルマちゃんですが…、放鳥するなり
ウィルちゃんのケージを荒らしまくって、
ウィルちゃんとっても迷惑そうでした。。。

gang

だから〜、ウィルちゃんとは皆さん餌が違うんだから、
ちゃんと自分のだけ食べててくださいよ〜。。。

ほんと、隣の芝生が青く見える性格してますよね、
サザナミって。ま、そこが面白かわいいんですが。

ちなみに、この2羽は活動量が多いからか、
あまり爪が伸びません。ラッキーです。

sazaramona at 01:01|PermalinkComments(21)

2009年06月17日

食べ物について

複数の方から「『サザナミインコ』で検索すると、
このブログが上のほうに来るよ!」との報告を受け、
もしかして飼い方を模索してる人も見てるかと思い、
「Ramona家なりの」マニュアルを作る事にしました。

まだまだ謎だらけのサザナミインコ飼育、
自分でも、新たにわかった事や気付いた事を
メモ代わりに綴っていきたいと思います。
ツッコミや訂正、オススメなどを、どんどん
コメントに入れてもらえると助かります!
随時うちの環境も改善し、書き直していきたいです。

海外にはきちんと確立されたサイトや文献が
結構あるようなのですが、日本の気候や日本で
手に入る食べ物ではまた事情が違ってくるでしょう。
皆さんのご協力も仰ぎつつ、日本のサザナミにとって
いい環境が作っていけたらいいなー、なんて…。

「サザナミインコについて」というカテゴリ
新しく作ったので、ここにまとめたいと思います。
まずは、うちのサザナミーズの食べ物事情、から…。

動くさざ罫

主食はペレットシードです。

01

ペレットはオカメなどの中型インコ用を
3社ぐらい色々混ぜてます。今、4社かな???
同じ会社の物でも、粒が大きすぎると嫌がる子がいたり、
逆に大きいほうが水に浸して足で掴んで食べやすい子が
いたり、と、個体によって趣味がバラバラで困ります。

シードは、オカメやラブバードなどの中型用と
セキセイ用をあらかじめ1:1で混ぜています。
これは私の独断なのですが、100%セキセイ用だと
脂肪分が少ないような気がするのと、100%中型用だと
らもちゃんみたいに皮をむくのが下手な子には
ロスが多く出てもったいない、というのが理由です。

なぜせっかく全員ペレットを食べられるのに、
100%ペレットにしてしまわないか?
それはただ単に「ペレットが高価すぎる」から(笑)!
地方に住むサザナミ飼いにとって、首都圏から
毎回取り寄せるペレット(とその送料)って
バカにならんのですよ。イヌネコの場合は生肉より
ペットフードのほうが安くて便利なのにな〜。

で、与える割合ですが、
混合ペレット:混合シード=1.5:1
ぐらいでしょうか?若干ペレット多めを心がけてます。
シードには、ネクトンSをパラパラっとふりかけます。

nekton

そして、シードと同じぐらいの量のエッグフード
らもちゃんのみ乾燥ミルワームも併用しますが、
動物性蛋白質は必要かと思われます。

02

繁殖期には繁殖をするカップルにだけたくさん入れて、
食べたいだけ食べさせます。精力剤的使用方也(笑)。

あと、毎日果物野菜を与えています。
リンゴとピーマンのローテが大体メインですね〜。

03
左:ブルマちゃん、右:ふーちゃん

04
特別出演:ブロッコリーを食い散らかすスーちゃん

05
特別出演:豆苗をちぎって落とすウィル先生

他、にんじんや小松菜なんかも与えます。
少量を茹でるのは面倒臭いので、チンしています。

あと、1週間に1、2回?(超曖昧)、
粟穂を3〜5センチに切って、おやつにあげてます。
7羽とも全員がだ〜い好きなおやつです。

06
左:しーちゃん、右:ガルちゃん

それから、別の容器で常にボレー粉を入れています。
これ、意外とポリポリ食べてますよ。ほれほれ。

ウィ「…そんなにいっぺんには要らないでチ。」

07

動くさざ罫

飲み水ですが、各社の栄養剤を色々混ぜてます。
色んな会社の色んなビタミン剤をお試し中。

安いのとか…

09

高いのとか。

10

ここまで気を遣うんだったら、ミネラルウォーターか
浄水をやれよ、と自分で突っ込みたくなるんですが、
普通に水道水と混ぜています。えへへ。

動くさざ罫

あと、以前にも記事にしましたが、
らもちゃんだけ「らも飯」という特別食です。
一人餌の切り替えに失敗したので、未だに
ふやかしフードです。セキセイやオカメは
大人になっても湿った餌を与え続けると
そのうの病気になる、と言いますが、
サザナミのベチョベチョUNPから想像するに、
私はサザナミにはそれ、当てはまらないと思います。
果物などの水分の多い食べ物が大好きだし、
ペレットも自分でわざわざふやかして食べてるし、
実験してるわけじゃないんだけど、らもちゃんだけ
このまま流動食を続けてみようと思っています。

動くさざ罫

餌や水を換えるタイミングですが、皆さんは
いつですか?うちでは朝イチ、1回のみです。
ペレットを5、6粒残してる、ぐらいの量、を
目安に、毎朝、全入れ替えです。

ふーちゃんとブルマちゃんの水入れは
毎朝ギャー!と叫びたくなるほど汚れていますが、
それでも1日1回です。飼育本には夏場は2、3回、
とか書かれてますが、実質そんなん無理でしょ〜。

夜(夕方)換える人も多いようですね。
野鳥を見てると夕方って結構アクティブですから、
そのタイミングもアリなんじゃないかと思います。

以上、うちの餌事情を公開してみました。
どうなんでしょうね、こんなもんでしょうか(笑)。
色々ご意見いただけるとありがたいです。

sazaramona at 01:01|PermalinkComments(13)